幼稚園は裕福で保育園は貧乏?違いを教えてパート1(幼稚園編)

ママ友・子育て・育児・教育・学校 未分類

o0640040013305576728

おきくさ〜ん、相談にのってもらいたいことがあるのだけど・・・教えて
わたしの子供は保育園に通っているのだけど、保育園に通っている人は貧乏っていうことってあるのかな

わたしが子供の頃は幼稚園に通っていたのだけど、ふと子供の頃の記憶が蘇って「ここに通う人は貧乏なんだよ」って母が言っていたの。子供だったからわたしは全然気にしていなかったけど、思い出して考えると「そうなのかな?」って「偏見じゃないの?」って思って。わたしの父は稼ぎがよかったらしく、母は専業主婦だったけど不自由なく生活していたわ。母の仕事していた記憶はなくて、わたしは大学まで行かせてもらったから裕福だったと思うの。

わたしは結婚して子供を授かって、夫の収入もそこそこあったけど、離婚してシングルマザーになったわ。シングルマザーだから働かなくてはならないし子供もまだ幼いから保育園に通わせているの。そしたら母の言葉が気になってきちゃって、みんなもそんなこと思っているのかなって。保育園に通っている人はシングルマザーも多いらしいの。これも何か理由があるのかな?貧乏だからなのかな?教えておきくさん、幼稚園は裕福で保育園は貧乏な人が通うところなの?

目次
幼稚園と保育園の違い
幼稚園と保育園の基本的な保育時間の違い
保育料の違い
公立と私立の幼稚園の違いの内容
保育期間や先生の違い
保育の方針の違い

今日もおきくがお悩み相談解決しちゃうよ。今日は幼稚園は裕福で保育園は貧乏?って相談ね。おきくの意見からいうと偏見ね。幼稚園でも貧乏な人や裕福な人がいるだろうし、保育園でも貧乏な人や裕福な人はいるはずよ。この考え方は保育園の受け入れの幅広さに影響していると思うわ。まずは幼稚園と保育園の違いについて教えていっちゃうよ。

幼稚園と保育園の違い

幼稚園と保育園の違いについて見ていきましょう。

幼稚園と保育園の預けられる年齢

裕福な子が通えると思われている幼稚園は3歳になった春から通わせることができるわ。4歳になる年ってことね。そこから小学校に入学する前までの3年保育が基本になっていくわ。

それに対して貧乏な子が通うと思われている保育園は保育に欠ける条件なら0歳からでも預けることができるの。保育に欠けるとは家庭環境などで保育ができない状態ね。そして小学校に入学する前までは幼稚園と一緒ね。

預け始める年齢にこれだけの差があるの。シングルマザーの人は仕事をしなくてはならないから、実家で親と一緒に住んでいるとか、家政婦さんを雇っているとか、子供の面倒を見てくれる人がいない限りは保育園に預けることが多いわ。だから保育園に通っているひとはシングルマザーが多いのよ。

0歳からは保育園に預けて、幼稚園に入学できる年齢になったら幼稚園に預けるシングルマザーもよく聞くわ。保育してくれる時間にも関係するから次は保育時間について教えましょうかね。

幼稚園と保育園の基本的な保育時間の違い

ここでの基本的とはわたしが調べた限りで基本的って感じ。幼稚園は午前9時から午後の14時くらいが基本ね。やっぱり幼稚園だと母親が正社員とて働くのは難しい時間ね。パートやアルバイトしかできないわね。

一方の保育園では午前7時30分くらいから長くて18時くらいまで預かってくれるのがいいわね。ここまで預かってくれれば正社員としても働けてシングルマザーとしても嬉しいわね。

シングルマザーが保育園で多い理由はここでもあるようですね。シングルマザーとしては子供の面倒を見てくれる人がいて、その期間と時間が長ければ長いほど、仕事に専念できたりして生活が楽になったりするの。

保育料の違い

次はみんな気になる保育料ね。この保育料によってシングルマザーは仕事を決めていくって場合もあるから幼稚園か保育園のどちらか決めるのに重要な項目になっていくわね。

幼稚園には公立と私立があって、保育園には認可と認可外ってあるのだけど、私立って高そうなイメージね。保育園の認可外って危なそうってイメージだけど、保育料を決めるのが市町村(自治体)か施設側(民間)かの違いなの。具体的に保育料を教えていくね。

スクリーンショット 2017-02-04 13.59.33

幼稚園の保育料

公立の幼稚園の年間平均額は23万円、私立の幼稚園の年間平均額は48万円。一目瞭然で倍以上ね。これでは公立に行かせた方がお得ねってなるけど、公立は地域によってはなかったり、通わせたい人が多いから入学するのが狭き門になっているの。公立と私立なら私立の幼稚園に通っている子供が約80%にもなるらしいわ。

金額だけで見たら私立は高いけど、私立の幼稚園は通園バスでの送迎があったり、給食が出るところが多かったりと忙しい朝には助かることが多いの。公立だと通園バスや給食があるところはほとんどないわ。公立と私立の幼稚園の違いも後で詳しく教えていくとして、次は保育園の保育料の違いね。

保育園の保育料

認可保育園は市町村が運営するので所得税額等で各家庭ごとに違ったりするの。また兄弟で同じ保育園で通わせたりすると2人目の保育料は半額になったりするのよ。

認可の公立保育園では平均的には2万から3万円の家庭が多いようね。年間では公立の保育園の保育料と公立の幼稚園が同じくらいね。認可外の私立保育園では各施設ごとに設定しているので安いと高いの差が激しいようね。

幼稚園と保育園の保育料の違いはわかったよね。保育料で見ると幼稚園が高いから裕福でも、保育園が安いから貧乏でもなくさほど変わらないね。やっぱり働いているかいないか、面倒見てくれる人がいるかいないか、又は施設自体の数にもよることがわかるわね。

公立と私立の幼稚園の違いの内容

今度は公立と私立の幼稚園の違いね。これまでに紹介してきた運営するのが自治体か民間かで料金の違いと、その料金の違いで送迎バスがあったりなかったり、給食があったりなかったり、他の違いも教えていこうかな。預かってくれる時間は違うの。

幼稚園での預かってくれる時間は大体午前9時から午後2時ね。ここは同じだけど公立では延長保育がないところが多いの。逆に私立の幼稚園では延長保育があるところが多いのよ。ここでみてもシングルマザーや共働きの夫婦は保育料金が高くても私立の幼稚園を選んでいるの。

保育期間や先生の違い

一般的には公立の幼稚園の保育期間は2年が多いのよ。幼少期は家庭で過ごしているのね。面倒をみてくれる人がいないと難しいよね。私立の保育園の保育期間は3年なので年少組から通っていけることが嬉しいよね。また、預かってくれる先生にも違いがあるわ。自治体と民間の運営の違いは先生にも違いがでてくるわ。

公立の幼稚園だと公務員ということになるからベテランの先生が多いのよ。一方の私立の幼稚園だと先生の出入りが多くて若い先生が多いらしいの。私立の幼稚園の出入りが多い理由はね・・・行事の多さなのよ。私立の幼稚園は行事が多くてハードなの。だから結婚していたり、子供がいたりすると大変だから、まだ独身の若い先生が多いということになるわ。

スクリーンショット 2017-02-04 13.59.49

保育の方針の違い

他の違いは保育の方針ね。公立の幼稚園は一定の方針なの。なぜならば文部科学省が管轄しているからね。のびのび保育って方針なの。私立の幼稚園は各幼稚園によって方針が違うからのんびりだったり、お勉強がメインだったり、中にはどろんこ幼稚園といって屋外での保育がメインな幼稚園もあるらしいよ。

私立の幼稚園の中には、園の中で習い事をさせてくれる所もあるらしいの。ほとんどが別途料金だけど、一度迎えに行ってまた習い事教室に送ってっていう手間を考えると便利だよね。

おきく流の言い方だと公立の幼稚園はベテラン先生が一定の保育方針で預かってくれるから真面目なイメージ、私立は各幼稚園によって方針が変わるし子供の性格や将来の個性を伸ばすようなイメージかな。私立の幼稚園だと英語や漢字、九九まで習う所もあるらしいからびっくりよね。

おっとっとっと、幼稚園の話が長くなっちゃって、うっかりおきくが前回だね(笑)今日はこの辺で次回は続きの認可、認可外を教えて、裕福なのか貧乏なのかを考えていっちゃうよ。
次回もお楽しみに

幼稚園は裕福で保育園は貧乏?違いを教えてパート2(保育園編)

幼稚園は裕福で保育園は貧乏?違いを教えてパート2(保育園編)


関連記事

この記事へのコメントはありません。