夫からのDVを見極め対処・解決する方法は・・・怖いと思ったらDVになります

離婚・離婚考え中~(調停・別居) 未分類

04f8ad6cb2d49af977c738aa5a5340b9_s

おきくさんどうしよう…離婚したいんだけどどうやったら離婚て出来るのかな、私のだんなは付き合ってるときはとっても優かったんだけどお酒が入ると怒鳴ったりする人なの…普段はとても優いんだけどね。

結婚してから普段の時でも怒鳴ることが増えてきたの…。結婚して子どもが生まれたときに「子どもの小さいときは母親は子どものそばにいるのがいいんだ」って言うから仕事をやめて専業主婦をしていたの。

それなのに「おれが食わせてやってる」って生活も苦しかったし、幼稚園に入ったから仕事はじめようかなって言ったら「子どものそばにいるのが嫌なのか、母親失格だ」って言われたりもしたわ。でももう耐えられないって思ったの。この間幼稚園がお休みの日でだんなは仕事に行ったの。

でも私は朝から頭痛と寒気がして体調が悪かったのよ。でも子どものご飯作ったり、洗濯したり子どもの遊び相手をして、お昼過ぎに子どもが寝ちゃって、そしたら私もうとうと寝てしまったの。そしたらたまたまだんなが早く帰ってきてしまってリビングが片付いていないことに激怒して、リビングにあったイスをなげたのよ。幸い私にも子どもにも当たらなかったけど今度はキッチンに行って洗ってあった茶碗を全部叩き割ったの。

私も子どもも怖くて子ども部屋に避難したの。そうしたらお酒飲んでそのまま寝てくれたんだけどね…。子どもはパパ怖いって泣き出すし私も怖くてどうしていいかわからなかったの。夜は子どもも寝かしつけてそのあと片づけてたらだんんなが起きてきて話し合おうって言われて…私が片づけをしていなかったことを責められたわ…

ちょっと体調が悪くてって言ったら急に怒り出して胸ぐらをつかんできて壁に思い切り打ちつけられたの、そのあとを髪の毛をつかまれて床に頭を打ち付けられたの。そして仕事も家事もできないんじゃ生きてる価値ないなって言われたわ。

もう精神的に限界…でも離婚は絶対しないって言うし、また殴られたり暴力振るわれるのかと思うとこわくて…実家に帰っても追ってこられそうで怖いわ。それに離婚してこの子を連れて仕事も見つかるかわかんないし生活できるか不安なの・・・おきくさんどうしたらいいかしら?

スクリーンショット 2017-02-08 22.09.09

目次
夫からDVを受けたときの対処法
安全なDVシェルターでの生活
DVの種類と被害者の現状
夫のDVは子供の教育にも悪影響
まとめ

夫からDVを受けたときの対処法

おきくさんです、えっと今は大丈夫なのかしら・・もう早急に家を出ないと危ないわよ
お子さんも目の前でイスを投げてるのなんて見たら怖くてトラウマになってしまうわよ。まずは病院に行きましょう、診断書をもらって警察に行くのよ、DVシェルターっていうものがあって一時的にかくまってくれる場所があるのよ。

2~3週間くらいしか入れないけれどでも一刻も早く離れるのが先決だと思うわ。でもそのままシェルターに行くことが多いから最低限の荷物、通帳、お金等も持ってね。

安全なDVシェルターでの生活

シェルターは場所を公開していないし住民票にも閲覧制限がかけられるので居場所をしられることがなくなります。でも携帯電話は職員に預けなければいけないし、基本的には誰にも連絡を取ってはいけないの。じゃないとどこからかだんなさんに居場所がばれるかもしれないからね。

子どもも幼稚園、小学校もシェルターにいる間はお休みしなければいけないけれど、幼稚園のお迎えの時にだんなさんが待ち伏せをしているかもしれないからね。

dv-otoko

シェルターにいる間に生活保護の申請をしたり、住むところを探したり、弁護士さんに離婚の手続きを頼んだり、ケースワーカーさんと相談したり、生活を整えていくのよ。もちろん無料ではないけれど支払いも後からでいいし、一日¥1000くらいだから恐怖を感じながら生活をするよりいいと思うわ。

シェルターは2~3週間くらいで出なければならないけれど母子支援施設に行くことになると思う。施設との違いはシェルターは本当に緊急な避難場所なの。そこから生活をするにあたっての拠点ってことね。

DVの種類と被害者の現状

夫からのDV被害には・・・


・身体的暴力
・精神的暴力
・性的暴力
・経済的暴力
・社会的暴力 など

これらのDVの種類があるの。

身体的暴力
身体的暴力とは直接殴られたり、殴るふりをしたり、髪をひっぱたり、物を投げつけてきても身体的暴力になるの

精神的暴力
精神的暴力とは怒鳴る、脅す、見下す、自由を奪うなどのこと

性的暴力
性的暴力とは性行為の強要や中絶の強要などで、別の女性関係を認めさせることも性的暴力にあたります

経済的暴力
経済的暴力は生活費を渡さないことや貯金を勝手に使ってしまう、また収入を教えないことも経済的暴力にあたります

社会的暴力
社会的暴力は精神的暴力と似ていますが妻の自由を奪い、妻の人間関係を規制・監視などの行為

DV被害者のなかにはこれらの暴力に当てはまることをされているのだけど、暴力のあとには優しい言葉や行動がみられると気がつかないことがあるようね。

怒られるのはわたしが悪いからと洗脳のような状態になるため、DV被害に遭っているにもかかわらず相談にくることが少なくなっているようね。早期発見にいたらず状況が最悪まで陥ってから問題になることが多いの。

83929c67fb9337847eb025fbca1a4ef6_s

夫のDVは子供の教育にも悪影響

そうして暴力はエスカレートしていくしお子さんだって安全ではないわよね。それにDVを日常的に見てるお子さんは加害者やまた被害者になりやすかったりするのよ。お父さんの言うことを聞かなきゃっていつもびくびくしておびえたり、また女性を殴ってもいいんだって男の子は思うみたいよ。お子さんの教育にも絶対に良くないわ。

またDVの種類の中には子供を利用した暴力もあって、子供に母親の悪口を言わせるように仕向ける行為や母親から子供を取り上げる行為、子供に危害を加えると言って脅す行為などのことがあるの。子供を利用した暴力も精神的暴力と似ていることがあるわね。

おきくも一時期本当にこのまま殺されるかもって思ったことがあったわ。家庭内でぎくしゃくしていて毎日小言ばかり、手を出すことはなかったけれど寝ている時に後ろから首に手をかけられたの。

そのときにいつか殺されるって思って離婚を決意したわ。おきくも最初は生活できるかなとかこれからどうなっちゃうのかなとか、不安でいっぱいだったけれど色々な人に相談してまた行動していくうちにだんだんと未来は明るいって思えるようになったわ。だから警察や市町村の役所など色々な機関に行って相談して、そうするといろいろ違ったアドバイスがもらえるから。

まとめ

少しでも怖いと感じたならば早めに相談して、早めに離婚を決意することが大事なんです。男性は女性のことを一度でも征服したと思うとやめられないのですから。相談すれば夫には勧告がいきますので、それでDVをやめてくれるのはほんの一部だけです。多くはDV被害が再発していますので・・・

離婚したら子供の生活が心配なことは、おきくも経験していますのでもちろんわかりますが自分の幸せも決して妥協しないでください。

お子さんが小さいうちは生活していくのに大変だけれど仕事だっていろいろな仕事もあるし掛け持ちしている人もいっぱいいるわ。おきくもそうだけどね。

昼間事務やって、夜勤でコンビニでバイトっていう人もいるし、週6で夜勤でバイトしている人もいるわ。夜中に掃除のアルバイトしている人もいるしね。お子さんの身の安全をまずは確保してあげて。幼稚園の間は働きづらいだろうからパートをして保護を受けながら勉強して資格を取ってもいいわけじゃない、まずは行動しないとね。ではでは、
今日はこの辺で
スクリーンショット 2017-02-08 22.08.46

関連記事

この記事へのコメントはありません。