小学校のPTAや各種委員会を引き受けるべき理由

ママ友・子育て・育児・教育・学校 未分類

image (2)

おきくさんはじめまして、おきくさんみたいに3姉妹のお子さんって憧れちゃうんだけど、私は娘が1人幼稚園年長のママです。来年で幼稚園を卒園するんだけどほんと幼稚園の送り迎えの生活がなくなるって思うと楽になるかも・・?でもあの制服が着るのもあと少しって思うとさみしいって思っちゃうの。

でも子供の成長する姿だからしょうがないよね、でもそんな小学校に入る前なんだけど先輩ママからちょっと不安になることを聞いて…小学校のPTAがすごく大変らしいの。私は小学校に入ったら仕事を探そうと思ってるんだけどそのPTAの仕事がすごく負担だって言われたの。

しかも引き受ける人がいなかったらくじ引きなんですって。でも小学校に入ったら働いてるママはいっぱいいると思うんだけど…小学校のPTAのこと教えて、おきくさん

スクリーンショット 2017-02-10 22.45.39

は~い、おきくさんです、幼稚園最後の年って本当に感慨深いんだよね~。あんなにぶかぶかしてた制服がぴったりになって、この制服着て幼稚園に通うのもあと少しだな~って思うとさみしいですよね!…でもランドセルどの色がいい?なんて話をしていると小学校への入学もカウントダウンがすすんでるって思うと不安になっちゃいますよね。お子さんもまた新しい環境になって、親である私も新しい環境のスタートが近づいてるんですよね。

目次
PTAって言ってるけどPTAってなに?
PTA会費が使われているもの
学年委員会を引き受ける楽しさ
学校によって委員会の活動が違う
活動期間が短い推薦委員会は競争率が高い
まとめ

小学校のPTA活動は本当に11年通ったおきくさんはいろいろやりましたよ~。というか今も高校でPTA活動やってます。PTAの活動としては高校が最後だと思うのでやってます。PTA活動は本当に差があるので一概にこうですとは言えないのですが、私の経験と周りで聞くのが多い委員会の話をしますね

ffc545acadc7527f7914dec17610ca9c_s

PTAって言ってるけどPTAってなに?

PTAってParentTeacher Associatioの略で親と先生との団体ってことなんだよ。なので先生もPTA会費を払ってるんだよね。まあ、子どもたちが学校で生活をするうえでより良い学校生活のための教育団体ってことかな。

なのでPTAって強制加入のイメージがあるけど任意加入で拒否はできるみたいなんだよね。おきくの子が通った小学校は小学校に入るときの入学説明会でPTAは任意加入ですが基本的には活動に賛同していただきたいですって説明があるの。

PTA会費が使われているもの

でもじゃお金払ってまで入る必要ってあるの?って思うでしょ。PTA会費は子どもたちの活動に使われてるんだよ。運動会でもらう参加費や夏休み中のプール解放、卒業式の時のコサージュや記念品、あと卒業証書を入れる筒。昔は筒だったけど今は本のようなものだったけど、それもPTA会費から出てるんだよ。

でもじゃあ、PTA会員にならないともらえないのかな…っていうのはどうなんだろうね。実際会員じゃないから卒業記念品もらえなかったって話は聞いたことないけどね。

実際学校としては会員じゃない人の数は隠してるんだよね。やっぱり人数が減ってしまうのを恐れてるのかもあとは実際の活動だね。PTAの活動には いろいろあるんだ。

スクリーンショット 2017-02-10 22.46.10

学年委員会を引き受ける楽しさ

まずは委員会だね、学年委員会、クラス委員ともいうんだよね学年委員の主な仕事はクラスをまとめることだね、私も学年委員をやっているんだけど学年委員はクラスで保護者と先生との連絡係って感じかな。

だから担任の先生と話をすることも多いし学校の様子もわかってとってもよかったよ。クラスでの親睦会とか企画することがあるよ。学校によっては保護者の企画があって、保護者の遠足とか、ヨガ教室とか、講演会を企画するところもあるよ。

学校によって委員会の活動が違う

成人委員会

逆に違う小学校では成人委員っていうのがあって学校全体で行う保護者の企画をするところもあるよ。クラスが落ち着いてるととても楽なんだけど。逆にクラスが荒れていたりして問題があると保護者から電話があったり、また先生から言われたりして緊急懇談会なんて開いたりしたよ。

次にさっき言った成人委員会。保護者の企画を考えたりするんだよ、ヨガ教室だったり、講演会だったり父の日に子どもとの工作教室を企画したり…自分たちでやりたいことを提案して企画できるから面白いと思うんだよね。

おきく娘が通った小学校には成人委員会がなくて学年委員会さんが企画していたよ。おきくの娘が通っている高校には成人委員があるんだけど歌舞伎を見に行く企画をしたり、宝塚を見に行く企画をしたり、ソープカービングって石鹸を彫刻刀で削って花とか作るのを企画しているよ。

広報委員会

次に広報委員会。広報委員会さんは学校の広報活動として広報誌を年に何回か出すことをしているよ。なんていってもメリットが子どもの運動会とかにまじかで見れてカメラ撮影ができるんだよね。広報委員さんは最初に先生の紹介号を作っているところが多いから先生の顔も覚えられるよ。

564609

ただ広報誌ってすごく大変で最初苦労した覚えがあるよ。公共の配布物になるから載せてはいけない字とかあったり今は子どもの写真を撮るときも気をつけなきゃいけないし、撮った写真を載せるときも先生に確認して載せなきゃいけないの。

でもそんな苦労して作った広報誌が学校で配られる時の達成感は本当にやり遂げたって言う充実感は何とも言えないよわ。今はパソコンがあってとても楽だけどそれでも手書きと写真を1枚1枚貼ってる広報誌を作っているところもあるよ。

パソコンで作ったほうが楽じゃんって思うけれどあの手作業で作った広報誌はオンリーワンだし味があっておきくは好きなんだ。ただ切って貼ってってするから汚さないように慎重になるよ。すごいプレッシャーだよ。

保険委員会

次に保健委員かな、おきくは小学校になかったけどね、児童のやってる保健委員と一緒に学校の衛生面だったり給食の試食会だったり子どもの健康に関わることが多いかな。保健便りって出してる学校もあるんだよね。あとは学校から講演会を聞きに行ったりするがっこうもあるみたいだよ。

おきくの小学校は係りでしかなかったけどね。子どもの保健委員会に一緒に参加してどうしたら手洗いをみんながしてくれるか一緒に考えたりするんだ。

あと校外委員会。地区委員とも呼ばれるね。おきくの娘が通う小学校は委員会を子どもの数で卒業までに一回やりましょう、だったんだけどでもこの地区委員は別カウントなの。だからおきくだったら3回やったけど地区委員をやってなかったら一回やらなければいけなかったのよ。

スクリーンショット 2017-02-10 22.45.55

活動期間が短い推薦委員会は競争率が高い

地区委員の仕事は子どもたちが安全に登下校できるためのお仕事なの。例えば歩行者の白い線がかすれて見えなかったり、スクールゾーンって書いてあるのが見えなかったりするところを警察や区や市や地域の人と会議をするの。

おきくたちはすごくがんばって学校の通学路になっているメインの道路の歩行者側の白線の内側に緑で塗ってもらうってことをしたの。交差点には真ん中に赤い印をつけてもらってね、そうすると車に乗っている人は小学校の近くで危ないってわかりやすいでしょ?あと電柱に児童飛び出し注意の幕をつけたり交通安全って仕事がメインだったわ

推薦委員って指名委員っていう場合もあるわね、時期役員さんを選出する委員会なの。この委員のメリットは活動期間が短いのよ。だから働いてるママも参加しやすいみたいよ。でもPTA会長や副会長を決めるのはなかなか難しいものみたいなのよね。

でもやりたいって人がいればすぐ決まるからね。あとはこの委員会の委員長や副委員長、さらに役員になって会計、書記、副会長、PTA会長とかかな。おきくは委員長までしか経験がないんだけどこの役員さんになると本当に大変みたいよ。

まとめ

学校に行く数も多いみたい。でも子どももお母さんが学校にいるって心強いし、なにより子どもの近くで情報が入ってくるってとってもありがたいわよね。なにより同級生のお母さんたちと仲良くなれるし、違う学年のお母さんたちとも仲良くなれるってってところが委員会のメリットだと思うわ。

おきくも今でも夜ご飯したりしてとっても仲良くさせてもらっているわ。子どもを通してお友達になれるってところが委員会のいいところだと思うわ。なにより子どものための活動だからね、もしやるなら楽しんでやったらいいと思うわ
ではでは今日はこの辺で

関連記事

この記事へのコメントはありません。