シングルマザーはいつでも金欠

ママ友・子育て・育児・教育・学校

1403137top

私は小学3年生の男の子をもつシングルマザーです。
離婚したのは5年前、元夫がきちんと働かないことと暴力が原因で別れることになりました。将来への不安は大きくありましたが、一緒に生活し続ければ自分が精神的に病んでしまうと思い、決断しました。離婚する際、養育費を取り決めようとしたところ、元夫が支払いを拒否したため、そのまま諦めることにしました。当時の元夫の収入から考えても貰える養育費は月に1万円程度でしたし、離婚を切り出されたことに腹を立てた元夫は家を出て行った私に一日中、それもほぼ毎日のように電話をかけてきて罵声を浴びせるような状況が続いていたので、養育費を諦める代わりにきっぱり縁を切ることにしました。

精神的にずいぶん楽になったのですが、金銭的にはいつも不安があります。赤字の月がほとんどで、貯金は出来ていない状況です。私は実家に戻って生活していますが、私の両親に一定の収入があるため、児童扶養手当を含めすべての母子家庭の支援を受けられない状態です。児童扶養手当は満額で月額40,000円程受給することができるので、これがあるのとないのでは全く生活水準が違ってきます。そして、学校の教育費、給食代、学童の保育料、おやつ代も全額支払います。そのうえ、実家に家賃を支払っています。私のように、両親の収入がある実家に戻るシングルマザーよりも公営住宅に母子家庭で住み、母子家庭の支援を受ける人の方が、多少生活には余裕が出るのではないかと思っています。

ただ、子どもがまだ小学3年生ということで、何かあった時は子どもを見てもらえたり、私の代わりに学校に迎えに行ってもらえること、レジャー施設に連れて行ってくれたり習い事の月謝、公文式とサッカー、を支払ってくれているので、今は現状維持で仕方がないかなと思っています。平日は会社員として働いていますが、お給料は手取り130,000円程で、これでは毎月ぎりぎりで、例えば病院やレジャー費、お祝いごとの祝儀などの出費が出てしまうと完全に赤字です。月額10,000円の児童手当もあっという間になくなってしまいます。なので、在宅でできる副業をして生活の足しにしています。作業時間は大体平日の子どもが寝てからの時間、21時~24時の3時間。疲れている日はそのまま寝てしまうこともあるのですが、月に20,000円くらいの副収入が得られます。それでも、借金をしないで済んでいるという話で、生活自体は非常に苦しくいつまでこんなぎりぎりな生活が続くのかな、と思うと将来が不安です。
98958215281fed77a985c396aac5708b_s

関連記事

この記事へのコメントはありません。