再就職、パートでも難しい…

仕事・転職・副業

b1ffe951753c5b50b8b543cc32b462ea_s

子持ちパートアラサー主婦であるわたしが、パート探しに苦労して感じたことや採用されやすくなるコツを書いてみたいと思います。女性の社会進出を応援、昔に比べて女性の選択肢も増えてライフプランが多様化されてきています。結婚して子供を産んで、仕事もする女性が珍しくなくなりました。

不景気だから仕方なく…という女性もいれば、仕事が好きでキャリアを重ねていきたいから働き続けるという女性。ワーキングマザーを選ぶ理由はさまざまですが、一貫して言えることは「社会は厳しい」ってこと。

産休育休を取っても、公務員でない限りは保育園に入れるかどうかの保証もない。入れなくて退職せざるを得ない人たちもいます。そろそろパートに出ようかななんて思っても、面接では「お子さん、まだ小さいですね…」、「急な体調不良の時どうします?」と、なかなかいい印象にはならないみたいですね。

やっと子供の手が離れてきたからなんて頃には、歳もそれなりに加齢されていてブランクも空いてしまっていて。どんどん就職難になる現実。いまや主婦でも働くのが当たり前になりつつある世の中、主婦同士でも職場の争奪戦が勃発します。パートの面接すら受からない…。今回は、パート就活についてクローズアップしてみたいと思います。

これだけは絶対に答えられるようにしておきたい!

主婦の面接で必ずといって聞かれる言葉があります。
「出勤日でお子さんが体調不良は、お子さんを預けられる信頼できる人はいますか?」と。最低限でもそれだけは、すらすらと答えられるようにしておくといいですね。近場に頼れる身内がいればいいですが、みんながみんなそうとは限らないですよね。なんでもいいのでいざという時の切り札を作って明確にしておきましょう。

また、嘘はつかないように正直に答えましょう。取りあえず採用されたもん勝ち精神で採用されても、あとあと居心地が悪くなって働きにくくなってしまうことがあります。もし、切り札が見つけられなくても言い方一つでも大分印象が違います。

「子供が熱を出したら休みます!」と答えるのと、「お休みを頂くこともあるかと思いますのでその際はご相談させて下さい」と答えるのでは、似たような意味であっても受け取り手の印象が変わるのは一目瞭然ですね。職場にご迷惑をなるべく掛けないように努力するという姿勢が大切です。

マイナスな時でもアピール次第でプラスに

当たり前だと思われるでしょうが、大事なことです。いかに、マイナス面を少なく自分に従業員としての価値を付けてアピールするか。私を雇ったらこんな利点があるんですよ、というものを見出してさりげなくアピールすると効果的です。この仕事をしたいんだという将来的な目的があればそれを志望理由にするのもいいでしょう。欠点も裏を返せば長所です。ぜひ、自分と向き合いながら考えてみて下さいね。

やっぱり最後はこれ、やる気です

私の知り合いで、実家サポートなし、子供が小さい、保育園漏れで幼稚園在園、ブランクあり、資格なしといった、一般的には不利と考えられるシングルマザーのママが、好条件のママたちを出し抜き、採用枠を確保した例があります。彼女には、一つだけ他のママたちにはないものがありました。それは、やる気です。

いくら好条件でも、主婦の腰掛的に緩く勤務されるより、一生懸命に働いてくれる、そうであってくれるだろうという人を雇いたいと思う採用者もいます。パートだから、という態度が透けて見えるような態度は不評です。

最後に

保育園に落ちたからといって働けないと悲観しないで下さい。今時の幼稚園は、保育園並みに「時間外保育」を取り入れて実施している幼稚園が多数あります。保育料にも差があり、金銭的な理由においても選択肢があります。

自治体によっては、補助金を受けられる自治体も。昔と違って、幼稚園に子供を通わせながら働けているお母さんも沢山います。実際、わたしも幼稚園に子供を預けながら、実家からのサポートもなく働けています。あきらめずに探してみて下さいね。

7a0de9f73b4ffa8309b42379a4553364_s

関連記事

この記事へのコメントはありません。