女の人って…こわい

姑・家族・親戚・トラブル ママ友・子育て・育児・教育・学校

large_677077_2

とってもやさしいAさん

幼稚園に子どもが通っていた頃、私は出産が早く当時24歳(専業主婦)で幼稚園に通うママさん達とは歳も離れていたこともあり、なかなか幼稚園でのママ友を作れずにいました。そんな時に唯一気さくに話しかけてくれた一人のママさんがいました。その方はAさんといい、歳も私の一つ上ですぐ仲良くなりました。Aさんは誰にでも気さくに話しかけれる方だったようで、歳の離れたママさん達とも仲良くしているようでした。(私は人見知りもあり、Aさんとは仲良くなったものの、ほかのママさん達とは相変わらずあいさつ程度の関係でした。)

そんなAさんの様子が…

おかしいなと私が気付いたのは運動会も近づいてきていた秋口のことでした。Aさんの異変にはなんとなく気付いていたものの、話ししたくないこともあるだろうと私からは何も聞かなかったのですが、ある日Aさんが打ち明けてくれました。運動会も近づいているので保護者の運動会での係を選出しなくてはならなかったのですが、やはり皆、できればしたくないという思いが強く、最終的にじゃんけんで負けた人が係をすることになったようです。

そしていざじゃんけんをするとBさんという私やAさんより年上の方がじゃんけんにまけたようなんです。ところがそのBさんは「あたし無理です~仕事もありますし、係になってもこなせないです。」と、ごね始め、いつも一緒にいるBさんグループのボス的存在のCさんの提案でもう一度じゃんけんするようになってしまったらしいのです。そして2回目に負けたのがAさん。するとBさんが「ごめんね~、一回目のじゃんけんで本当は私だったのに代わっていただいて。」といわれたらしいです。

その言葉にかちんときたAさんが「そうやって謝るぐらいなら最初から負けたんだし係きちんとやってもらえませんか」と、言い返したようです。結局係はBさんがすることなくAさんになってしまったのですが、その言葉がBさんはじめボスママCさんグループの気に障ったようで運動会が終わってから幼稚園のお迎えの時などでも聞こえるようにAさんの悪口(これはあたしも実際耳にしたことがあります。)

あからさまな無視などをするようになったようです。Aさんは間違ったことは言っていないと言っていましたが、やはり複数の方に悪口や無視をされるのは辛そうでした。情けないことに私はただただ話を聞いてあげることしかできなかったのですが、大人にもなって小学生が考えるようないじめをする人がいるんだなあと驚きでした。その後卒園となりそのCさんグループの方たちとAさんの子どもは別々の学校に進学したのでママ友いじめは終わったようでしたが、今もどこかの学校でBさんやCさんが同じようなことをしているのではないかと思うとぞっとします。

関連記事

この記事へのコメントはありません。