嫁姑戦争。毎日増えていく家具にストレスが…ブチ切れたあの日

姑・家族・親戚・トラブル

dddb1284d4367e3e6295f3288aceed6d_s

夫と私の付き合いは、出会って2か月ほどのスピード婚ならぬスピード同棲から始まった。出会ってすぐの女と同棲に持ち込むなんて、チャラい男のように感じるかもしれないが、夫は一人暮らしさえした事がなく、見た目も中身もマジメなお坊ちゃんだった。

なので義母からしてみたら私の事は、可愛いうちのお坊ちゃんをたらし込んだアバズレくらいに思っていたかもしれない。同棲したばかりの頃は遠慮したのか、こちらに干渉してくるような事はなかった。しかし私と夫が結婚を考え式場巡りをし始めると、一気に距離を詰めてきた。

最初のジャブは…

近くまで来たからと私の職場に電話をしてきてお昼に誘われた。これから家族になるのだからそれくらい別に何ともないと思っていたが、週1で来られた時にはちょっと疲れてしまった。式場が決まると頼んでもいないのに毎回ついてくるようになり、結局引き出物もドレスも義母が選んだ。

そして週末はいつも朝寝坊する私と夫なのだが、ある日朝9時頃に電話が鳴った。義母だった。今近くに来ていてお土産を渡したいから5分後うちに寄るという。今起きたばかりなんですけどぉ~。とは言えず、ダッシュで支度する私。そんな事が月1くらいあった。

夫に愚痴を言ってみたが、付き合い始めの頃に義母の事を松田聖子に似ていると私に嬉しそうに話していた夫には聞き入れてもらえない。薄々気づいていたが、夫も少々マザコン気味であった。それでも私たちは結婚したのだが、結婚したらますます義母の干渉が強くなった。

合鍵を…

結婚後は合鍵を渡す事となり、私が仕事中に勝手に部屋に入っては自分の趣味の家具や便利アイテムを置いていく。どうやって運んだのか、田舎のおばあちゃんちにありそうなラタン製の玄関目隠しとか、超音波でゴキブリ退治出来るという謎の電化製品とか、水道の蛇口に取り付けるだけで美味しい水になるというやたら重たい金属の塊とか、それはそれは色んなプレゼントを置いて行ってくれ、仕事から帰宅するたびゲンナリした。

ある日帰宅すると大量の衣類が置いてあった。義母が着なくなった服を私にお下がりで着ろというのだろう。しかし義母は細身。私は太身・・・入らないし!!松田聖子め~!ずっと我慢していた私がブチ切れた瞬間だった。

3b73f417b3be458e28181cbbe955b0a6_s

即電話して、今まで溜まりに溜まった思いをブチまけた。しかし話してみると義母には悪気なんてなくて。純粋に私と本当の娘のように仲良くしたい思いだけだったのだという。根は悪い人ではないのだ。

その後はしばらくギクシャクしたが、私たち夫婦に子どもが産まれると、それはそれは可愛がってもらい、いつの間にか私と義母の関係も良いものに変わっていたのだった。やっぱりあの時自分の気持ちをブチまけて良かった。我慢して気を遣いすぎた私の失敗談だ。

関連記事

この記事へのコメントはありません。