あちこちのママ友に良い顔をし過ぎて居場所がなくなっちゃった…

ママ友・子育て・育児・教育・学校 未分類

560100
子育て支援センターや児童クラブなどで行われるイベントが大好きなうちの姉。現在は5歳になる女の子が生まれてすぐのころから、毎日のようにあちこちに顔を出しているという話は聞いていました。反対に私はそういった活動にはあまりマメな方ではなく、気が向いた時に児童館や公園へ出向き、その場その場で出会ったママさんや子どもたちと一期一会で付き合うタイプ。

積極的にサークル活動をしている人からすると「そんなのじゃ子どもにお友達ができないんじゃないの?」なんて言われたりもするんですが…。最近、姉から相談された話を聞く限りでは、幼稚園に行くまではこんなまったりモードでもいいように思えてきました。

そう、うちの姉はママ友トラブル渦中の人のようです。実は以前から「児童館で会ったママさんとLINEの交換をした」とか「明日はこのママさんとランチ、明後日は…」と、ママ友との付き合いをマメにこなしている話は聞かされていたのです。でもそれはどうやら本人が社交的だからではなく、連絡先を聞かれて断れずに教えたり、あそびに誘われて断れずに一緒に出掛けたりというパターンが多かったそうです。

子どもが生まれてからママ友付き合いは始まっているんです

幼稚園に入る前からすでにママ友付き合いってあるんですね。そしてどうやら今回、うちの姉が巻き込まれたトラブルは、児童館のママとも派閥争い。姉がよくママさんたちに声をかけられていたのは「大人しそうだからうちのグループ日に引き込めるかも」という理由もあったようなんです。

そして児童館内に2つあったママ友グループが、子どもの幼稚園の受験問題をめぐって一気に不仲に。違うグループのママさんたちは、児童館内であっても挨拶もしなければ子ども同士も遊ばせないというピリピリムードになっているそうです。

そんな中、いろんなママさんに誘われるがまま仲良くしていたうちの姉は、今やどちらのグループのママにとってもどっちつかずの存在。結果、児童館内では誰からも声をかけられることもなく、親子そろって孤立し始めているようなんです。

もちろん地域内には複数の児童館がありますから、姉には「あそびに行く場所を変えたら?」とアドバイスをしたのですが…。やたらママ友ネットワークを広げてしまったために、いまや地域どころか市内のどこの児童館や図書館に行っても誰かしらママ友に会ってしまうとのこと。

なにか危害を加えてくるわけではないとはいえ、無視されたりちくりと嫌味を言われたりする今の状態では、どこに行っても気まずいようです。

自分は関係ないと思っていても、ママ友トラブルっていつどこで巻き込まれるかわからないものですね。超個人的な考え方ですが、カジュアルな感じのママよりびしっとこぎれいに決めたママさんとの付き合いの方が、のちのちトラブルに発展しやすいな気がします。あくまでも、個人的な考えですよ。

関連記事

この記事へのコメントはありません。