【持ち家めぐって姑トラブル】実家で同居か・・・市営で別居か迷っています

姑・家族・親戚・トラブル

こんにちは、おきくさん。わたしは30代の主婦なのですが旦那の実家に住むか住まないかでトラブルに巻き込まれそうになっています。旦那の家族間のいざこざに巻き込まれているようですが、わたしも持ち家に住みたいので話し合いには参加しています。

 これから話に関わってくる家族関係を紹介していきますね。まず主人公はわたしで40代主婦。そして40代のわがままで頑固な旦那とマンションにて同居しています。旦那には姉がいて現在シングルマザーですが子供と2人でアパートに住んでいます。そして旦那と姉の両親がいます。わたしの舅と姑です。

舅の両親ですが父親は他界していますが、母親は80代後半なのにピンピンしています。ここでは祖父と祖母で紹介します。そして姑方のお母さんと兄弟も少しだけ登場します。登場人物はこのくらいで親子3代にわたっての因縁の争いになっています。

舅方の祖父と祖母が姑との結婚当時は同居していたようなのですが、舅の両親からの相当なモラハラに耐えられなくなり、近くに一軒家を建てて舅と引越ししました。そこで姉が生まれてわたしの旦那が生まれてきました。その近くの一軒家を建てた時にお金を出したのが姑のお母さんと兄弟だったようです。

旦那とわたしが結婚した時はまだ旦那の祖父も健在でしたが、祖父が亡くなって祖母も高齢なことから介護も必要になってくる想定で実家に戻ろうという話からはじまりました。舅と姑の夫婦が実家に戻ったら、今住んでいる一軒家は息子である旦那に譲りたいという話です。姑はモラハラを受けた実家には戻りたくないと言っているようです。むしろ姑の家族が建てた一軒家から出たくないとのことです。

姑は以前旦那の姉に一軒家で一緒に住もうと言ったらしいのですが断られたらしく、旦那に話がきたようです。姑は家族の外部であるわたしに一軒家に住んで欲しくないらしく、わたしもできらば一緒に住みたくありません。ですが持ち家は欲しいのです。

旦那も40代の後半で収入も高いとはいえませんので、住宅ローンを組むのも大変だし持ち家が手に入るならラッキーだと思っています。一体わたしはどうすればいいのでしょうか?持ち家を手にいれるためなら姑との同居も我慢できますが、頑固な旦那がそんな面倒な関係なら市営にでも引っ越して住むと言っています。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-13-3-40-16

目次
・お互いに意地を張り続ける旦那方の家族
・自分を犠牲にすればいい結果が得られる
・介護の知識を覚えておく
・祖母の介護であなたの負担を軽くする別の方法
・まとめ

お互いに意地を張り続ける旦那方の家族

はい、管理人のおきくです。家族間の争いって誰もが意見を曲げないからなかなか話がすすまないですよね。あなたはどんな形でも持ち家をもらえればいいのだから、第三者からの意見で発言も必要かもしれないですね。

今回の話で説得しないとならないのは姑とあなたの旦那さんであるから、どちらかの意見を曲げるようにしていくことですね。あなたは持ち家であるのなら旦那さんの祖母が住んでいる実家でも、姑さんが住んでいる一軒家でもどちらでもいいのですよね!?その前提で話を進めていきますね。

自分を犠牲にすればいい結果が得られる

おきくからの提案はあなたと旦那さんの夫婦が祖母の実家に住むのはどうでしょう。祖母の介護は必要になるとは思いますがあなたにはその覚悟ができているはずです。それにいまはピンピンしていると言っても80代後半である祖母は、そこまで長くないような・・・いい方悪いけれどね。

こんなことは自分の腹にしまっておいて「介護が必要ならわたしが祖母の面倒をみます。祖母とわたしたち夫婦で同居します」と言ってあげればいいのではないですかね。祖母からすれば孫は可愛いだろうし、孫の嫁に対してはそんなにあたらないはずです。将来あなたと旦那さんとの間に子供ができれば曽孫と同居できるから嬉しいはずです。

この話の切り口は旦那さんを説得することですね。またもう一人協力してもらいたいのが舅さんです。舅さんは賛成してくれますよ。だって舅さんは毎日介護をする必要がなくなり行きたい時に実家に戻れるのですから。

この提案なら姑の家族が建てた一軒家より先に実家を持ち家にできる可能性が高いですよね。この提案には姑さんも賛成します。姑さんは何にも変わらないで、今まで通りの一軒家に住むことができて、これからは祖母と関わるようなことも言われなくなりますからね。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-13-3-40-51

介護の知識を覚えておく

周りの家族が承諾してくれたら引越しとなると思うのですが、あなたの心配の種は祖母の介護ですよね。やはりどの家庭でも一番心配なのは義理の家族の介護なんです。でもあなたがすべて介護しようなんて思ってはノイローゼになってしまうから手伝ってもらうの。そのためには介護の知識が必要なんです。

介護の知識といってもあなたが技術を習得するわけではなく、介護のことをどこに相談すればいいのかということを知っておくことです。介護の制度では介護者の負担を減らすってことも考えられているから心配しなくても大丈夫ですよ。

これから祖母の介護が必要となった時にまずは役所か最寄りの居宅介護支援事業所に相談してみてくださいね。居宅介護支援事業所にはケアマネジャーという役職の人がいて、この人の役割は体が不自由になった利用者さんがどのように暮らしていきたいのか、また利用者さんを介護する人がどんなところを手伝ってほしいか意見を聞いてくれてプランを出してくれるのです。

あなたの家庭でこれから起こるはずであろう事例でいうと、祖母の意向は自宅でできるだけ暮らしていきたいならば、自宅でできるだけ暮らしていけるように支援していく。介護者である家族は介護の中でどんなところが大変だから手伝ってほしいことを支援していく。お金は少しかかるけれど肉体的、精神的な負担は軽くなります。

このプランはケアプランというけれど、このほかに面倒な申請の手続きなどもケアマネジャーは手伝ってくれるからとても頼りになります。介護が必要になる前に覚えておかなければならない介護の知識は、ケアマネジャーさんのいる事業所を知っておくことなんです。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-13-3-41-26

祖母の介護であなたの負担を軽くする別の方法

家族の介護負担を軽くする方法がもう一つあります。聞こえは悪いけれど介護施設に入所してもらう方法です。一般的なイメージでは介護で手に負えなくなった高齢者を施設に入れてしまうなんてことがあるのかもしれませんが、実際に入所してみると全然イメージと違うのです。

施設の中には友達もいるし介護のプロもいますので安心して任せることができます。もちろんお金はかなり高額になりますが、介護の負担が減り時間が作れると思えば考えてもいいかもしれません。お金はピンキリですからいろいろ探してみてくださいね。

もしかしたら金額次第ではあなたの希望から外れてしまって、実家を売って施設の入所資金にすることも考えられます。そうしたらあなたと旦那さん夫婦は市営に引っ越すかもしれませんから持ち家を手に入れるのは持ち越しになるかもしれません。

あくまで一つの案として覚えておくだけでいいですよ。やはり自分の住み慣れた自宅に死ぬまでいたいのが祖母の願いだと思いますので、これは自宅で介護がどうしてもできない状況になってしまった最終手段ですので少しだけ頭に入れておいてください。

まとめ

今回は3世代にわたっての同居トラブルだったけれど、結局こういうトラブルが丸く収まるには誰かが我慢するしかないと思います。自分が我慢したくないって気持ちもわかるけれど、今回のあなたの狙いは持ち家をゲットすることだから同居して介護するのは当然だと思っていてくださいね。

介護の状態になっても知識だけ持っていれば慌てることもないので、あなたはできることをやっていくように心がけてね。同居と介護は我慢するけれど他のことは我慢しないで旦那さんに相談するようにしてストレスを溜めないようにね。

l201107011000

関連記事

この記事へのコメントはありません。