みなさん生命保険って入っていますか?

各種保険・支援制度

583048
今はいろいろな名称や種類があって本当にわけがわからないのですが、うちで最近保険をのりかえたお話をしたいと思います。

ざっくりいうと、死んだあと家族がもらえるお金、病院に入院したときにもらえるお金、ガンになったときにもらえるお金、積み立て預金のようなものの4種類あり、自分のライフスタイルに合わせて掛け金と種類を選びます。

保険ってなんとなく商品のイメージがないものですが、実は各保険会社さんでは商品として扱われていていろいろな名称で販売されています。
人生の中で1番高額なのはマイホームの購入、2番目が保険といわれています。
いかに高くて重要なものか想像がつくと思います。

うちでは今、夫が某保険会社に加入していますが、加入の時に「保険料が変わらない」とか「半年後に調整が効く」とか実際にはそうではないのに言いくるめられて入ってしまいました。
大後悔です。
もうその保険会社は信用できないので変える決意をしました。

まずテレビCMで有名な「ほけんの窓口」に行きました。保険のほの字から教えていただきましたが、素人がいきなり理解できるものではありません。
窓口の担当者の方もおっしゃっていましたが、だいたいみなさん4回くらい通って加入に至ることが多いそうです。

そういう私も2回通って理想的な保険をご提案していただいたものの、休みが不定期な夫は次の予約が取れず残念ながら途中であきらめました。

じゃあどうしたものかと、次はインターネットでパンフレットを取り寄せてみました。
自宅のパソコンでシュミレーションができて、勧誘の人に言いくるめられた感を残さないもの、そんな感じのものを探しました。

あるんです、いくらでも。
ちなみにうちで選んだのがアフラックのがん保険とコープ共済の医療・生命保険です。

うちは夫と二人暮らしで子供がいないので、死んだあとにもらう金額は低めでいいかなと思います。そのかわりガンの治療費や入院時にかかる費用はしっかりと設定しました。
一度インターネットで保険金と保障のバランスをシュミレーションし、毎月の掛け金はいくらか、万が一のときの補償は妥当か、頭の中でイメージをつかんでから窓口に相談に行くとぐっと理解度が上がります。

そしてよく検討した結果、夫が死んだとき、ケガで通院したとき、病気で入院したとき、ガンの治療費の4種類に入りました。満足しています。

ただ誤算だったのがガン保険の保障開始までに半年近くかかることです。その間今の保険をやめることができません。
ダブって保険料を支払うのがかなりきついのですがここは耐えます。
携帯ののりかえみたいにもっと簡単に出来たらいいのに…と思いました。

関連記事

この記事へのコメントはありません。