【旦那の給料】が安いの、どうやりくりしたらいいの?

上手な節約(家計)

522b23521264deff2ed791cdc704e0e0_s
おきくさん、私の悩みを聞いてほしいの、私は結婚して2年になるの。大学生の時に交際していた人と大学を出て結婚したわ、旦那の仕事は公務員なの、周りからは安定していていいわね~なんて言われるけれど実際はとってもお給料が安くて毎月かなり厳しいの。私は専業主婦になりたかったんだけどパートで月5~6万のお給料をもらっているの。

私は自分の親が高齢での出産だったせいか小さいころ授業参観とかに行くと「○ちゃんのママ若くてきれい」って言われる友達がうらやましくて若いママに憧れていたの。早く子どもがほしいけれど出産して私の給料がなくなると生活がとても厳しいの。どうしたらいいのかしら?おきくさん、教えて~。

はい、おきくさんです。たしかに若いおきくママは授業参観とかに行って若いって言われてたわ、子供にとっては自慢だったかどうかわからないけれど、でも子どもは○ちゃんのお母さんはかわいくて理想のお母さんなんだって言っていたわ。

でもお母さんのこと子どもは大好きだけれどね。子どもにとってはないものねだりなんじゃないかしら?結婚して旦那さんのお給料だけでやっていきたいというのも女性としてはあるわよね。でも収入と支出がないと細かくは難しいから今日は節約のお話をするわね。

目次
・節約って…
・固定費
・変動費
・食費
・まとめ<h/3>

節約って…

節約って言ってもどうしていいかわからないわよね。何をしたらいいかって言うと難しいわ、でも一個ずつ見直していけば無駄な部分や削れる部分が出てくるからその部分を減らしていけば節約になっていくわ。

まずは支出のお話をするわね、家庭での出ていくお金って固定に出ていくお金と変動して出ていくお金があるじゃない?まずは固定に出ていくお金ね、固定で出ていくお金って基本的には同じ額が毎月出ていくお金になるわ。

固定費

例えば家賃はいい例よ、家賃は毎月同じ額が支出として出ていくわ。そういったお金よ、家賃や駐車場代、公共料金は水道、ガス、電気、変動するとはいえ毎月出ていくお金よ。あとはインターネットや携帯電話や固定電話の通信費、保険や車にかかる費用ね。後通勤にかかるお金などの交通費よ。家賃は基本的には下げるのは難しいわね、家賃は自分の手取りの1/3が理想なの。

それより家賃が多くて毎月苦しいのならもう少し安いところに引っ越すって手もあるわ、でも引っ越すには引っ越し代や敷金、礼金、住居保険だったり鍵交換だったり買いなおすものも出てきたりするわ。一度費用としてはまとまって出ていくけれど引っ越したほうが通勤の費用が安くなったり毎月出ていくお金を減らしたほうがお得な場合もあるからそこは考えたほうがいいかもしれないわ。

公共料金は電気、ガス、水道ね、一個一個は微々たる節約になるけれどそれでもやらないよりはやっていったほうがちりも積もれば山となるよ。

電気はこまめに消す、昼間はつけないとかね。エアコンは暖房も冷房も扇風機と併用して使えば部屋全体に風が回るからおススメよ、でもエアコンはこまめに消すよりもある程度長く使うのならつけっぱなしの方が電気代は安く済むわ、エアコンはつける時が一番電力を使うの、だからそこは気を付けてね。

35d0d7e3f963b8f3e45b38cc8ad81a29_s

ガスも節約をしようと思えばできるわ、パスタをゆでる時は沸騰したらガスを止めるとか、鍋に火をかける前には水分を拭いて中火にかけるとか…フライパンにお弁当のおかずを作るときにはアルミホイルで分けて一緒に3種類くらい炒めたり焼いたりしちゃうとかできるわ。お弁当のおかずって一個ずつが少ないから一緒に作れるわ。

水道ももとから節水コマって言われるものを入れたりすると水量が減らせるの。食器とか洗う時も水を出しっぱなしにしたりしないとかお風呂の残り湯を洗濯に回すとかするといいと思うわ、でもすすぎの時には残り湯はおススメしないわ。

一つ一つがこまかい節約になるんだけれどとっても微々たるものだけれど年間にすると結構なお金になるから習慣にしていくといいかもしれないわ。

インターネットや携帯電話、固定電話はけっこう見直すと安くなったりするわ、とくに携帯電話は会社を変えたり、格安スマホっていわれるものもあるじゃない?あれも何が違うって言うと普通のスマホと変わらにと言えばそんなに変わらないのよ、普通に電話もアプリも外でできるわ。

家にwifiが入っていれば特に問題なく使えるわ、外で動画をいっぱい見たいって言う人にはおススメできないけれどね。固定電話も今携帯電話があるし必要なければ解約してしまってもいいかのかも?って思うわ。

保険も見直してみるのも手よ、今はいろんなサービスもあるしプランも豊富よ、掛け捨てか貯蓄型がもう一度見直してみてもいいかもしれないわね。自動車保険もいっぱいあるわ、自分に合ったプランを探すことで安くなったり保証が増えたりするから見直してみてね。

変動費

変動費って言うのは毎月必ず出ていくお金ではないものよ、洋服は毎月必ず買うものではないわね、美容室のお金や飲み会のお金とかも同じように毎月決まって出ていく物ではないし金額も決まってないわ、

美容室も気にしないのなら¥1000カットでもいいところはあるし、カラーも毎月行く必要はないかもしれないわ、そこは収入と支出と相談ね。

外食もたまには外で食べたいわよね、それにお家での食事を作るのにも刺激になるし盛り付けも勉強にもなるわ。でも冠婚葬祭費とかのお金は出ていく額が大きいから積み立てておいてもいいかもしれないわね。続くときには続いて出費は重なったりするからね。

食費

そして節約で外せないのが食費よ、食費は毎日かかるお金だからこそ削れる場所は削りたいわよね、でも旦那さんにもしっかりした栄養のあるものを食べてもらいたいわよね。だからこそおススメは週にいくらって決めて封筒にお金を入れるの、その中で一週間の献立を考えて作って行くといいと思うわ。

ひじきの煮物切り干し大根の煮物とか小鉢で出せるものはいっぱい作って冷凍しておく方がいいわ、カレーとかもね。野菜も保存方法とか考えると安い日にまとめて買ったほうがお買い得よ。

その日で安いものを買ってもいいし、安売りしてるところへ買い出しに行ってもいいし、自分に合ったやり方を見つけたらいいと思うわ。

収入を増やすことも

もし今のままで生活費が足りないということであれば収入を増やすしかないと思うの、パートで働いているならフルタイムでの仕事にしてみるのもどうかしら?今は共働きの人もとても多いわ、フルタイムで働いて収入を増やすことを考えてもいいかもしれないわ。

なかなか旦那さんの給料をあげてって言って増えるものではないわね、だからこそある中で節約するところは節約する、その中でここはと言うところは緩めてもいいんじゃないかしら?

まとめ

結婚して専業主婦になりたいというのはとってもわかるわ、私もそうだったわ。お子さんが生まれても働いている人はいるし、子どものそばで育児をしていたいという人もいるわ。

もちろん旦那さんもどうしてほしいかもあるかもしれないわ、旦那さんはお家で子どもと一緒にいて育児をしてほしいかもしれないし、そこは夫婦で話し合ったほうがいいと思うわ。

もしお子さんを妊娠したら旦那さんの給料の中でやっていけるのか、貯蓄できるのか、将来のことも考えて旦那さんと話し合ってもいいかもしれないわね。

今日のおきくはこれで終わりよ、またね。

e63e5b95d94d9d1901fbef2d130d6cce_s

関連記事

この記事へのコメントはありません。