【プライドが高いママ友の陰口】男遊びがひどいなど嘘をやめさせる方法

ママ友・子育て・育児・教育・学校

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-03-21-28-20

こんにちは、おきくさん。わたしは30代の2児のママであり、主婦であります。小学校5年生の長男と小学校1年生の長女の二人兄妹です。長男が幼稚園からの付き合いである40代ママ友の行動をやめさせたく思っているのですが・・・

長男が幼稚園時代からの付き合いの40代ママ友のやめさせたい行動はわたしの陰口です。その陰口が本当のことならまだいいのですが、まったくの嘘を言いふらしているのでやめさせたいのです。

なぜわかったのかと言うとわたしと40代ママ友の共通の友人から聞いた話です。わたしと旦那の夫婦関係は良好であり、家庭内の問題はないのですが40代ママ友はわたしの男遊びがひどくて夫婦関係が不仲とか、子供に暴力を振るっているだとかメチャクチャな陰口を言いふらしているのです。

また別のママ友からもこんな話を聞きました。どんな会話からでも無理やりわたしの悪口にもっていくようで、40代ママ友との会話をしていても嫌な気分になると言っていました。

以前、友人同士が喧嘩になり話を聞いていると、この40代ママ友がお互いの情報に嘘を交えて操作していたようです。今はお互いの誤解が解けて仲がいいのですが今度はわたしを仲間はずれにして困らせようとしているのだと思います。わたしが次のターゲットになった理由を考えてみると・・・

陰口をいう40代ママ友はとてもプライドが高く自分が中心でチヤホヤされないと気が済まないようでとても美意識が高い人です。わたしと彼女はお互いの地区で地区会長をやっていまして、わたしが地区会長に就任して自己紹介をしたときからなのだと思います。

30代前半で若くていいね〜と彼女の地区の男性からチヤホヤされたことがあり、そのときのわたしに対する彼女の視線は怖いくらいでした。この直後から彼女はわたしを避けるようになっていきました。

彼女と仲直りしなくてもいいのですが勝手な嘘を言いふらすことはやめさせたいです。どんな方法があるのか、おきくさん教えてください。

目次
・悪口、陰口を言う人は変わらない
・悪口、陰口を言う人の性格
・悪口を言う人からはみんな去っていく
・あなたのとるべき行動
・自分を振り返り褒めてあげる
・まとめ

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-03-21-27-08

悪口、陰口を言う人は変わらない

こんばんは、管理人のおきくです。陰口ってママ友同士のトラブルとなる火種を巻いているようなものなんです。他人の悪口を言ってトラブルの源にする行為は決して許される行為ではないのですが、ただ証拠だと言うものがないことが解決しにくいところ。

当人同士で言い争っているのなら良し悪し決着がつけれますけど、情報操作してトラブルにさせるなんて納得がいきません。40代のママ友が情報操作したという決定的な証明ができないことから迷宮入りになってしまうケースが多いようです。

残念ながら陰口や悪口ばかり言う人は変わらないと思います。自分自信の性格がかわるくらいの出来事が起こらない限り。ここでいう出来事とは周りに味方が誰もいなくなったときです。周りに味方がいなくなったときには性格が変わることがあると思いますが、誰か一人でも味方になった時から性格は元に戻るでしょう。

悪口、陰口を言う人の性格

悪口や陰口を言う人って寂しがり屋さんなんですよ。自分が一番チヤホヤされたいって思っている人って寂しがり屋さんなんです。寂しがりのところを隠したいのでプライドが高いように見せているだけなんです。

誰かの悪口や陰口を言って自分の味方になってもらいたいのです。同情してもらいたいのです。なので味方がいなくなった時に気がつくのですよ。そして悪口を言わなくなり目立ちにくくするようになります。

また悪口を言う側の40代ママ友には持っていないことをあなたが持っていることに対する劣等感が人よりあるのです。誰にでも劣等感はあるかと思いますが、他人の羨ましいと思うことに向けるのが悪口であるのか、応援の言葉であるのかこれだけの違いなんです。

もちろん応援してくれる人には寄り添っていくことができますが、悪口を言ってくる人には寄り添う気持ちにはなりませんよね。悪口や陰口を言っている人の結末は・・・

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-03-21-27-50

悪口を言う人からはみんな去っていく

そうです、悪口や陰口を言っている人からは去っていく人が多いのです。どんな時期なのかタイミングなのかは人によって違いますが最終的に周りに味方がいなくなってしまうのです。それはそうですよね。自分のことを応援してくれる人と悪口を言う人、どちらに味方でいてほしいかといったら答えはひとつですよね。

なかには途中で気がつく人もいます。このままでは味方がいなくなってしまって寂しくなってしまうと。そのことに気がついた時に悪口や陰口がなくなります。そのときにまだ味方でいてくれた人に対して感謝するようになり、劣等感を隠していた性格が変わるんです。感謝の言葉を素直に言っていると感じたら性格が変わったと思っていいでしょう。

あなたがとるべき行動

あなたがとるべき行動は気にしないことです。相手にされていないと気がつくと悪口や陰口のターゲットが変わっていきますから。ですからあなたは何もしなくていいのです。早く誤解を解きたい、悪口をやめさせたい気持ちもわかりますが先がどうなっていくのかがわかっていれば待つだけです。悔しい気持ちはしまっておいて心の中だけで思っていればいいのです。

あなたがやってはいけないことは反感することなんです。反感してくると「やっぱりそうだったでしょ!?」って言いふらしますから相手の思う壺なんです。また40代ママ友のように周りを味方につけようとすることもやってはいけません。同じことをやっていては解決にならないのです。

あなたはあなたなのですから、変わらないでくださいね。ママ友全員に好かれることなんてまずありえないのです。自然のままのあなたを好いてくれる人もいれば、嫌いな人もいるのです。自然なままのあなたを好きな人だけが味方でいてくれればいいのではありませんか?

あなたのことを好いてくれる人を尊敬して自然なままの方がストレスがありませんよ。自分を作っている時が一番ストレスなんですから。また、味方になってくれている人は応援してあげて、時には助けてあげてください。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-03-21-27-22

自分を振り返り褒めてあげる

それでも自分の噂は気になるものです。自分の行動を振り返り見直してみて悪いところは知っておくことも大事ですよ。でも無理に直そうとはせずに知っておくだけでいいのです。知っておけば自然と直っていきますから。無理に直そうとするとストレスになり悪い方向に向かいかねません。

そして自分のいいところ、悪いところを知ることができたなら、1日1日できたところを褒めるようにしてください。自分で自分を褒めるっておかしなことかもしれませんが、まずは自分のことを好きにならないと他人のことを好きになんてなれませんよ。

他人のことを尊敬できるのは劣等感がないからなんです。劣等感がないということは自分が優越だと信じているからできることです。こんなこと他人に言う必要はありませんが、自分に優越感があることが、他人のことを応援できる根拠なんです。

まとめ

他人に悪口や陰口を言われたら・・・何もしないで気にしないことが今回おきくからのアドバイスです。自然なままのあなたでいて全員に好かれようと思わないでください。悪口や陰口を他人から言われても気にしていない、ただ相手に惨めな劣等感だけが残るだけなんですから。あなたのことを深く知っている人はなんの動揺もしないです。

では今回はここまで。また次回をお楽しみに・・・

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-03-21-28-04

関連記事

この記事へのコメントはありません。