【暖房費が高い】節約して電気代を浮かせたいの

上手な節約(家計)

19e3b45fdd5efd3bdadc5760ef45f10a_s
おきくさん私は幼稚園の子がいるのですがここ最近寒くなってきて暖房を使うことが多くなってきて電気代がとっても高いの。私一人なら我慢できるから昼間はなるべく暖房を付けずにいたりはしているんだけど子どもに風邪をひかせるわけにもいかないから暖房をかけてしまうんです。

リビングは暖房と一緒にハロゲンヒーターも使っているんだけれど電気代がすごく高くなってしまって…これからもっと寒くなるのにおきくさんどうしたらいいのかしら?

本当に寒くなってきてつらい時期ですよね。電気代もそうだけれどお風呂や湯沸かし器の出番も多くなってきてガス代も上がるのが冬なのよね。暖房を付けてしまうのは仕方ないと思うけれど上手に使えばいいと思うわ、おきくと学んでいきましょう。

目次
・暖房とハロゲンヒーター
・電気代を使わないように暖める
・違う工夫の仕方も
・まとめ

暖房とハロゲンヒーター

エアコンの暖房とハロゲンヒーターでは電気代も違うけれど温まり方が違うわ、エアコンは温風で部屋全体を暖めるけれどハロゲンヒーターは狭い範囲をとても暖かくするのに適しているの。
それに暖房の風は温かくて暖かい空気は上にいってしまいがちなの。

だから暖房をつけても温かくならないって場合には天井のほうは温かくなっているけれど床に近い部分は冷えてしまっている状態かもしれないわ。

温かい風は天井付近にいる場合その温風を下のほうに来るようにしてあげる必要があるわ、そのためには扇風機を使うといいわ、冬に扇風機を使ったら寒いんじゃない?って思うかもしれないけれど部屋の空気を混ぜてあげることで暖かい空気は下に降りてくるのそのほうが部屋が温まるの。
3be57cd53dc761d8d7a67214babac5b5_s

ハロゲンヒーターは狭い範囲を温めるのにとても使い勝手がいいのよ、でもハロゲンヒーターの電気量はとても高いの。エアコンが届きにくい場所を暖めるのにとっても効果的よ、たとえばお風呂場は冬になるととても冷えるわよね、脱衣所にハロゲンヒーターを着けておくとお風呂に入るときに寒い思いをしなくて済むわよ。

他の暖房器具はどうかしら?オイルヒーターはすごくゆっくり暖まっていくの、オイルヒータのすごいところは換気をしなくていいところよ。電気ストーブもハロゲンヒーターのように限られたスペースを暖めるのにとても便利よ。

ハロゲンヒーターに近くて電気代はとてもかかってしまうのが難点よ。こたつや電気毛布はあんまり電気代がかからないわ。こたつは暖房と同じで暖まるまで電気代がちょっとかかってしまうけれど暖まったら弱運転になるの。

だからあまり電気代がかからないの、でも場所をとてもとってしまうのが難点かしら。ホットカーペットもけっこう電気代はかかってしまうけれども下から暖めるホットカーペットは上に毛布を掛けたりできるから一緒に何かを使うととても暖められるとおもうわ。

エアコンだと暖まるまで時間がかかってしまうの、部屋全体を暖めるからね。でもハロゲンヒーターはつけた時にすぐ暖かいからエアコンが着くまでの間はハロゲンヒータで暖めるといいと思うわ。
エアコンは他の電気と違ってこまめに消すと電気代が上がってしまうの。たとえば幼稚園のお迎えに10分かかるのに消してまた戻ってきてを繰り返すのならつけっぱなしのほうが電気代が安いのよ。

エアコンはつけてから暖かくなるまでに一番電力を使うの。消してから30分以上つける予定がないならつけっぱなしの方が電気代は安く済むのよ。

電気代を使わないように暖める

電気代をなるべく使わないで暖かく過ごす方法もあるわ、足元が冷えるとどうしてもとても寒く感じてしまうものよね、床にカーペットを一枚敷くだけでも防寒になるわ。その時にカーペットの下に100円ショップとかでも売っているアルミのシートを敷くといいわ、特に一戸建てやマンションの1階は下から冷えるの。

さっきも言った通り暖かい空気は上にいってしまうの、部屋全体を暖めても床が冷えていると足元は寒いままよ。下からの冷気をシャットダウンすることが部屋を暖めるコツかもしれないわ。

冷気は窓からも入ってくるわ、窓際もとっても寒いわよね、暖かい空気が上にいってしまうのはもうわかったわよね、冷たい空気はどうなるかというと下にいくのよ。例えば窓にカーテンをしていても下に隙間があればそこから冷気が部屋に流れてきてしまうわ。

冬はカーテンを床につくくらいの長さの物を使ったほうが部屋の暖かさを逃がすことがないわ。それに隙間風があるようならスポンジの付いたテープも100円ショップに売っているわ。

窓枠にも寒さ対策をするといいわ、窓際に大きめの段ボールを窓際に置いたり窓にも梱包で使うプチプチを使うといいわ。窓にプチがあるほうをくっつけてはるとより効果があるわ。プチプチのでこぼこに空気を溜めてくれるからさらに効果がアップするわ。ポイントは部屋を暖める時に暖かい空気を逃がさないって事が大事ね。

違う工夫の仕方も

家で上に一枚羽織ったり靴下を履いたりするだけでも体感温度は変わるわ、中に着ると暖かい下着もとても効果的よ。それに湿度が多いと人は温かく感じるものよ。体感温度は実際の温度ではなく体が感じる温度よ、例えば夏場に気温が同じ30度でも湿気が多いと暑く感じるわ。

冬は乾燥してしまいがちよね、乾燥すると喉がいがいがしてきたり、ウイルスの活動が活発になってしまうの。だから湿度は高くしておくと風邪の予防にもなって暖かく感じるからとってもメリットがいっぱいなのよ。

夜寝る時も布団の中に湯たんぽを使うといいわ、寝る前に足元に湯たんぽを入れておくだけよ、もし湯たんぽがなかったらペットボトルに湯沸しのお湯くらいの温度でお湯を入れて足元にいれて置くだけでかなり違うわ。

それに毛布と布団の順番を布団の上に毛布を重ねて使ったほうが暖かく過ごせるわ。布団にいる中で暖かく過ごせれば暖房を寝る前までつけて消したりしても大丈夫よね。

温かいものを飲むのも方法の一つよ、温かいココアや紅茶なんていいわよね、ココアは体にいいけれど甘いから飲みすぎには注意が必要よ。

体を温める効果のある食べ物を食べるのもいいと思うわ、しょうがやにんにくは体を温める効果があるわ、お野菜いっぱいの鍋なんてどうかしら?冬はお鍋がおいしいわよね、それにお鍋は加湿もしてくれるからいいことづくしよ。

お鍋は何を入れてもおいしいしお子様も喜ぶんじゃないかしら?
嫌いじゃなければにんにく、しょうがを入れて白菜や豚ばら肉を入れて鶏がらスープでのお鍋もおいしいし、つくねやねぎなんかのお鍋もおいしいわ、カレーなべにしてしめにチーズとご飯を入れて
もおいしいわ。
6ec210e265dd7c019655aab2a5af6efb_s

まとめ

部屋を暖めたら暖気を逃がさないようにするって事が大事よ、それに冷気が入ってくるのを防ぐことも大事ね。でも外に出る前だと部屋との温度差が多いと外がより寒く感じてしまうから出かける前は早めに暖房を切って寒さに体を慣らすことが大事だと思うわ。

気温差は血圧が急に上がったり下がったりして体に負担が大きいの。トイレに入ってとても寒くてくらっとしてしまったり、お風呂の脱衣所が寒くて急にお風呂に入ったらくらっとしたり若い人でもなったりしてしまうの。だからあんまり家の中で温度差を作るのも体にはよくないわ。暖房は賢く使って上手に節約ができるといいと思うわ。今日のおきくはこれでおしまいよ、またね

関連記事

この記事へのコメントはありません。