【胃腸炎】ドタバタな年末年始

体調不良・病気

68817fb7aaa70885887253c56707c70a_s
私が30歳の時、子供が2歳、そして2人目を妊娠中の時のことです。主人も12月の終わりから1週間の年末年始のお休みになり、2歳の子供の子育てが大変だった私は少しゆっくりできるかな、と喜んでいたのです。

しかし、年末です。やはり慌ただしく年賀状の準備、おせちはどうするか等色々やることはたくさんありました。年末の大掃除も考えましたが、その時、私は妊娠中でお腹も大きくなっていたため、まあ適当で良いだろうと思っていました。そんな考えの中大晦日を迎えました。

年賀状も終わり、おせちも煮物以外は買うことに決め、さてやっとゆっくりできると思っていた私に旦那が朝早くから「大掃除するぞー!」と張り切って準備を始めたのです。持ち家なら張り切るのも分かるのですが、その時はアパートで暮らしていました。そんな理由で私は正直嫌だったのですが、主人の勢いにおされ、寒い中大掃除をすることになりました。

台所で換気扇やコンロの掃除をし、お風呂場でカビ取りをし、とにかく妊娠中であることも忘れるくらい必死に掃除をしました。そうしてやっと大掃除も終わり、全てやり終えてホッとして1日が終わりました。私は疲れで12時の除夜の鐘を聞く前に眠りにつきました。その日の夜中のことです。

ものすごい吐き気に襲われました。トイレに行き、立っているのも辛くなり、トイレのドアの前で横になりながら過ごしました。寒かったので毛布を廊下に運び、トイレと廊下を必死で行ったり来たりしながら過ごしました。寝ていても気持ち悪くてとにかく辛かったのをはっきり覚えています。旦那に起きてきてもらったのですが、特に役に立つこともありませんでした。

そうして、朝になりました。まだまだ気持ち悪さもおさまりませんが、元旦です。病院などやっていないと思い、しかも、病院に行く気力もその時はありませんでした。それでも2歳の子供に移ってしまったら大変と思ったのと、子供の相手をすることもできない状態だったので、主人に頼み、その日は子供と2人で主人の実家に行ってもらうことにしました。時間が経つにつれ、眠るのも辛かった状態から少しずつ体調が良くなってきた私は、水分だけ取り、とにかく一日中寝て過ごしました。

とにかく散々な元旦でしたが、その次の日はまた少し体調も良くなり、3日目には完全に復活しました。こうしてお正月の三が日は終わりました。病院に行かなかったので分かりませんが、恐らく胃腸炎だったのだろうと思います。忙しくても妊娠中は無理をしてはいけないな、と心から思った年末年始でした。

関連記事

この記事へのコメントはありません。