【突発性難聴】になった時でもママは休めない

体調不良・病気

79e15832e53f10bba10b00e2fe2f2f86_s
子供はよく風邪をひいたり、インフルエンザ、おたふく、水ぼうそう、手足口病と本当に病気になります。ママはその度にしっかりしなきゃと、子供を病院に連れて行ったり、自分のことよりもまず子供がという考えが優先されます。

私もそうでした。最初は風邪かなと思っていたレベルで、ちょっとゆっくりすれば治ると思っていたのです。なかなか治らないので市販の風邪薬を飲んだりしてだましだまし子供のお世話をしてました。

症状が全然よくならなくて、頭が重たくなってきたりといつもと違う症状が出てきたのです。
体がものすごくだるくて、その日はいつもより早く寝たのでです。耳がものすごく痛くて起き上がりました。中耳炎かなと思い、とりあえず痛み止めを飲んで我慢することにしました。

次の日からはゴールデンウィークで3日お休みになります。そうなれば病院もお休みです。
ひたすら痛み止めで我慢しました。その間は、熱が39度以上、中の膿が鼓膜を破ってでてきたりと、痛みと不安で3日間過ごしたのです。その当時、3人の子供は幼稚園児で、ご飯、お風呂のお世話と、主人の力を借りても動かなければなりません。気合いの一言です。

3日間、高熱と耳の痛みに耐え、やっと病院へ行きました。診断は、蓄膿症から中耳炎になり、突発性難聴になってますとのことでした。抗生剤やらステロイドとものすごい薬の量を処方されました。薬のおかげで熱と痛みからは解放されました。

でも、突発性難聴ということは、右耳が聞こえてないということらしいのです。確かに、聞こえないです。子供は普通に話している声が聞こえないのです。左耳の近くで話してもらうと聞こえますが、耳の中に水が入っている状態で、音があまり聞き取れない状態になってしまったのです。熱と痛みがなくなった分、家のことはできます。

私が動かなければ家の中が回っていきません。本当は2、3日ゆっくりできればいいのでしょうが、子供のお弁当、洗濯物と次から次へとやることが増えてきます。薬の副作用なのか、体がものすごく疲れたり、異常なだるさがあったりと、ここでも気合いで動いてました。そんな中、子供の遠足があったりと、ふらふらしながら遠足に行ったりしました。

結局、2ヶ月近く、薬を飲んで、4ヶ月くらいは、ずっと耳の中に水が入っている感じで、右耳があまり聞こえず、イライラする日々を送りました。耳が聞こえないということは、こんなに生活をしていて不自由だということを知りました。

子供の言っていることが聞こえないので理解できず、何回も同じことを聞き直してしまいます。耳の中がおかしい感じで、外で大きな声を出すことができず、子供に待ってとか走っちゃダメ、危ないといういつも言っていたセリフが言えなかったです。

ママは、健康であれば子供を怒ることできるんだと思いました。熱と痛みと戦いながらに家事、子供の世話も一苦労ですが、耳が聞こえないということはそれ以上でした。1年近く経った今、聴力は戻ってきて、いつもと同じ通り生活を送っています。

関連記事

この記事へのコメントはありません。