【離婚】寸前?義実家に入り浸る妻と大喧嘩

離婚・離婚考え中~(調停・別居)

631528
私は会社勤めのの47歳。
妻は5歳年下で、結婚前は近所に住む幼馴染みたいな関係でした。
そんな感じなので、お互いの実家は歩いて5分の場所に有り、我々も子供が産まれたのを切っ掛けに両親達の住む町に戻りました。

近所だった事もあり、お互いの両親も交流して、子供達の誕生日やクリスマスなどは両方の両親を招いてホームパーティーを開いたりして、お互い上手くやっていました。ただ問題も有りました。

妻もやはり実家の方が居心地が良いのは当たり前。私が日中留守の間、何かと実家に帰っては義両親の世話になっていた様です。勿論子供達も一緒です。

妻だけならあまり問題にもならなかったのでしょう。或いは私の実家にも顔を出してくれていれば良かったのですが、妻は私の実家に行く事は無かったので、孫の顔が見たい私の両親がヤキモチを焼き、度々私に愚痴をこぼしていました。

そんな中で、ある年の大晦日に事件が起こります。
私は当番の勤務で自宅に帰れなかったのですが、仕事中に家内からメールが来て、実家で年を越すと言われました。

その頃になると私の両親の不満はピークに達しており『お前を婿に出した覚えは無い!』
と言われていたので、流石にそれはやめてくれと返信したのですが、それを無視して子供達を連れて実家に帰ってしまいました。

更に悪い事に、私の母が義実家にお節料理のお裾分けをしに行って、妻と子供達と鉢合わせてしまったのです。母はその時は何も言わずに帰ってきた様ですが、私に苦情の電話を掛けてきました。こうなると私も黙って見てる訳にも行きません。

翌日の元旦、仕事から帰宅するとすぐに妻から電話がきました。驚いた事に義実家に挨拶に来いと言うのです。まだ私の実家にも挨拶に行っていないのに。

私は怒りを抑えながら努めて冷静に、何故私の制止を無視して実家に帰ったのか、何故そこまで自分の実家を優先するのか問い質しましたが、妻も実家に居る事で気が大きくなっていたのでしょう

『何が悪いの?』
と言い返してきました。

そこで私の堪忍袋の緒が切れ、横で電話を聞いていた義両親も交えての大喧嘩です。
結局その時は決着は付かず、私は義実家に乗り込み、そこで更に大喧嘩。
喧嘩の相手は義父よりも義母。

義母はとても気の強い人なので、お互い一歩も引きません。
最後は義父が私の言い分を聞き、私の実家に電話で謝ってくれたのですが、その後に

『今後娘をイジメたりしたら別れさせます』

と言ったので、そこで戦闘再開です。
こうなると収拾がつく訳もなく、売り言葉に買い言葉とでも申しましょうか

『お義母さんの一存で離婚を決められる位なら、今ここで私の意思で離婚します』
と言い残して妻と子供達を残して義実家を後にしました。

その後、正月が明けるのを待って役所に離婚届を取りに行き、全てを記入して妻の判を押すだけの状態にして義実家に行き

『お前に意思が無いなら、お義母さんに決めて貰え』

と泣いて謝る妻に離婚届を突きつけました。

結局最後は妻と義父に怒られた義母が私に謝る形で戦闘は休戦。
休戦と書いたのは結婚してもうすぐ20年になりますが、未だに火種が燻ったままだからです。

関連記事

この記事へのコメントはありません。