【交通事故で損をしない方法】治療、休業損害や子供の世話まで請求できるから安心

体調不良・病気 各種保険・支援制度 仕事・転職・副業

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-19-23-15-20

こんにちは、おきくさん。私は40代のシングルマザーで2人の子供を育てています。わたしはフルタイムで仕事をしていて、仕事に家事に育児に毎日が慌ただしくも充実していました。

先日、わたしは交通事故に遭いまして体の痛みや痺れ、吐き気が続いています。交通事故の状況はわたしが信号待ちで停車していたところ後ろから追突されました。相手の運転手は高齢者でブレーキをかけた後がなかったということでした。

現在のわたしは仕事をしながら通院もしていまして帰りが遅くなってしまい家事をおろそかにしてしまいます。長男が小学校5年生になり洗濯物のとりこみや簡単な掃除はやってくれていて、とても助かっています。次男が発達障害の診断を受けていて次男の面倒もみてくれる長男には苦労をかけてしまって頭が上がりません。

交通事故による症状が一向によくならないのですが仕事を休めない状況です。職場もわたしが交通事故にあったことは知っているのですが人材不足ということもあり、休憩を取りつつフルタイムで働いています。

職場も休暇をとっていいと言ってくれていますが社会人としての責任をもって働いていますので休まないように出勤し続けています。

交通事故にあった場合、通院していればお金がいただけるのですよね?保険会社にも事情を伝えようと思っていますが他にいいアドバイスがあれば教えてください。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-19-23-15-39

目次
1/交通事故の傷を長引かさないことが重要
1-1,病院に受診して原因を追求すること
2/今後の予定をたてていく
2-1,治療費
2-2,通院交通費
2-3,休業損害
3/治療に専念して1日でも早く元の生活に戻る

こんにちは、管理人のおきくです。シングルマザーで仕事を休めない気持ちはとてもわかります。社会人としての責任ももちろんありますけれど、生活をしていくために仕事を休めないって思っている人がほとんどだと思います。

しかし少し知識があれば少しは息抜きできると思いますので今回紹介していきます。交通事故でも休めないとは自分の身体が持ちません。身体に異常をきたすぐらいの交通事故の場合を紹介していきます。

1/交通事故の傷を長引かさないことが重要

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-19-23-16-58

あなたはいま大きく間違えていることがあります。仕事の収入での生活よりあなたの身体のことが専決です。今後も子供を育てていくことにはあなたの身体の健康が必要です。交通事故の傷を長引かせないためには治療と安静が必要だとおきくは思います。まずは交通事故の傷を治すことから考えていきましょう。

1-1,病院に受診して原因を追求すること

まずは病院に受診して通院しながら治療していくのか、入院して治療していくのかに専念するようにしましょう。いまのあなたは吐き気、体の痺れ、痛みなど交通事故の後遺症が明らかにでている状況です。体の内部から出ている症状なので体の内部で異常が起きている可能性が大きいと思われます。

そんな症状が出ている状態では通常の生活、まして仕事をすることが危険な状況だと感じます。あなたの身体のことを最優先にしましょう。おきくの知り合いでも交通事故にあってから暫く普通に生活していた人がいました。暫くして突然倒れてしまいそのまま帰らぬ人になってしまいました。身体の内部で内出血していたらしいのですが、外からはわからなかったので放置した結果でした。あなたはそのようなことのないように治療してください。

子供達にはあなたしかいませんので悲しい思いをさせないようにしてください。あなたもきっと後悔が残ってしまうことでしょう。おきくからもお願いします。一時仕事を休んででも入院することも最善の手段のひとつだと考えるようにしましょう。

2/今後の予定をたてていく

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-19-23-15-52
通院なのか入院するのか決まれば今後の予定が自分の中で立てられます。通院か入院か決まれば損害賠償のことを考えていきましょう。

通院の場合
・治療費
・通院交通費
・休業損害
などなど

以上の項目の損害賠償は知っておきましょう。細かく分けると郵便代などもありますが大きな項目を説明していきましょう。

2-1,治療費

治療費とは診察料、入院費、薬代、手術料、診断書など治療にかかった費用を請求することができます。
過剰診療は認められない場合がありますけれど、かかった治療費は請求するようにしましょう。

2-2,通院交通費

通院交通費とは通院の際に使用した交通費を請求することができます。タクシーなど公共交通機関でなくても請求することができます。公共交通機関の料金でしか請求はできませんが、タクシー利用の際の条件はあります。

タクシー利用の条件とは公共交通機関利用での通院が困難である症状、タクシーを利用することで通院後の出勤が可能である場合などの条件ならタクシー利用で通院交通費が請求できる可能性があります。

2-3,休業損害

休業損害とは交通事故によって仕事を休んだ場合に費用を請求できることです。自動車保険でも任意保険と自賠責保険では請求できる費用が異なってきます。

5700円×休業日数=休業損害

基礎収入(5700円)での自賠責保険の休業損害は上記の金額で計算されます。上記の金額と違う例外もあるようですが、最大でも1万9000円が上限のようです。

交通事故前3ヶ月の収入÷90日=基礎収入

これが基礎収入を出す計算方法です。例えばあなたの収入が1ヶ月で30万円だとします。3ヶ月では90万円になります。そうすると計算式は・・・

90÷90=1万円

ということになりますね。1日の休業損害で1万円を請求できるということになります。このように計算してあなたの交通事故による休業損害が計算できます。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-19-23-16-05

入院の場合
・治療費
・休業損害
・12歳以下の子供がいる片親の家庭
などなど

入院の場合でも治療費や休業損害は請求できます。シングルマザーで12歳以下の子供が2人いるあなたなら3番目の子供の面倒を見てもらうのにかかった費用も請求することができます。被害者であるあなたの他に子供の面倒をみてくれる人がいない場合に請求できます。子供の世話をしてくれる家政婦さんの費用を請求できるのです。請求できる金額は・・・

休業損害+家政婦費用

交通事故により入院した場合には費用を請求できますので、あなたは治療に専念するようにしてください。お金の心配は要りませんし、子供の面倒もみてくれます。会社も休業を認めてくれていますしお言葉に甘えましょうね。

家政婦さんでなく近隣の人が面倒をみてくれた場合の謝礼金も認められますので頭の片隅にいれておいてください。お金よりもまずはあなたの治療が専決です。あなたがいま治療せずに体調が悪化しては子供も悲しんでしまいます。

3/治療に専念して1日でも早く元の生活に戻る

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-19-23-16-38

交通事故が起きてしまったことは過去の話で、交通事故を起こされた被害者が損をしては納得がいきません。損をしないように少しでも知識をつけておきましょう。交通事故の傷跡が1日もはやく癒えるように治療に専念することが大事です。

あなたが辛そうな姿をして、自分たちのために働いている姿をみている子供たちは心を痛めているでしょう。そんな子供たちに心配をさせないようにしてあげてくださいね。あなたもわかっているはずですが子供たちはあなたの幸せな姿を見ていたいし、あなたがそばにいてほしいのです。

数日間だけ入院して治療に専念することで子供たちも安心できるでしょう。あなたも子供の世話さえしてくれれば治療に専念できるでしょう。あなたが心配しているお金は補償してくれますので、まずは傷を治してからにしましょう。

職場にも少しの間だけ迷惑をかけさせてもらいましょう。あなたの体調が万全になった後に、休ませてもらったことに感謝して仕事に励めばいいのです。子供たちや職場のためにも入院することが得策であるとおきくは思います。1日も早く元の生活に戻ってください。

関連記事

この記事へのコメントはありません。