【ウイルス対策は万全に】子供から移る病気で授乳できず、嘔吐の毎日・・・

体調不良・病気

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-24-17-40-00

食べ物も食べられないが0歳の子供の世話はしなければ

私は今は4歳と2歳の子供を持つ専業主婦ですが、上の子供が0歳の時にかかったウイルス性腸炎をもらった時の話をご紹介したいと思います。娘の方は割と軽かったのですが、その2日後に一気に私も嘔吐が始まりました。

これまでの人生の中で最も大変な嘔吐で、こんな状態になることがあるのかと自分でもびっくりしました。当然しばらくは水も飲めず、ゼリータイプの飲料やスポーツドリンクも受け付けない状態でした。

病院からもらった粉末を溶いたイオン水を本当に一さじずつ飲むという状態でした。そんな時でも0歳の子供を世話しながらの状態だったので非常に苦しかったです。娘は私がかかるころにはすっかり回復しており、おむつ替え、授乳や遊びの相手も休めません。

その中でも困ったのが授乳でした。当時娘は11カ月で離乳食もある程度進んでいましたが、寝る前や夜中の授乳はまだまだ必要な時期でした。しかし、すべてを出し尽くして何も食べられない私は全く母乳が出なかったのです。出ないおっぱいを加えて泣き叫び、ぐずり続ける娘、体調が回復せず気持ち悪い状態が続く私。

本当に大変でした。娘は30分でないおっぱいを加え続け、怒って泣き叫び、しまいには疲れて寝るという状況でした。少しづつ食べれるようになってからも母乳はあまり復活せず、授乳のたびに出ないおっぱいを30分ぐらいくわえ続けるという状況が卒乳まで続きました。

また、病気にかかった時私は発熱もして、さらに足の関節がすごく痛かったので、ずっと横になりたい状況だったのですが、それさえもかなわず本当につらかったです。頼みの綱の旦那も私と同時にかかってしまい、全く何も頼めない状況でした。

私が熱のある状況で買い出しなどに行っていたので本当に大変っだという記憶が今でも思い出されます。育児をしていて大変なのは自分が具合が悪いのに休めないことだというのを痛感した体験でした。

それからウイルス対策は万全にしています

特に当時はウイルス性腸炎の怖さをわかっていなかったので、娘がかかった時も普通に洗濯をしただけでした。今では子供が嘔吐をすると熱湯消毒をしたり、ウイルスに効くスプレーをしたり万全の対策で臨みます。

洗面所やトイレの消毒も毎回行い、おむつ替えはマスクや手袋をして、必ず大人がかからないようにということを心がけています。更に、自分がうつった時に少しでも症状を軽く済ませるために、子供が嘔吐をすると自分は2日間ほとんどあまり食べないようにしています。この方法だと自分に移っても嘔吐の量が少なく、体へのダメージも比較的軽く済みます。

4年前の冬以来、12月になるとまたあの季節がやってきたな、おびえて暮らす日々です。

関連記事

この記事へのコメントはありません。