【子ども】の好きな食べ物は豆腐の味噌汁?

ママ友・子育て・育児・教育・学校

045481
息子は少々こだわりが強い子供でした。食べ物も好き嫌いが多くて、メーカーにこだわりもありました。1歳半の頃のことです。それまではちっとも飲まなかった味噌汁なのに、私が飲んでいた豆腐の味噌汁を欲しがりました。

お椀を渡すと、ぱくぱく食べています。私は食べられるものが増えて良かったと思いました。
翌日の味噌汁は大根でした。息子は具を変えたら、食べませんまた次の日は豆腐の味噌汁にすると、喜んで食べます。

仕方がないので、これ以降お味噌汁の具は豆腐になってしまいました。
夫は「違う具の味噌汁も食べたい~!」と言うので、豆腐となめこの味噌汁や、豆腐とわかめの味噌汁を作りますが、息子は食べません…。

息子にとって、お味噌汁イコール豆腐だったのでしょう。
毎日喜んで食べています。お味噌汁がないと泣くので作らない訳にいきません。
ある時、息子がおいしそうにお味噌汁を食べているのを見た夫が「きゃほー」って言いながら食べてると言いました。

違うよ。豆腐って言ってるんだよと言いましたが、
もう「きゃほー」にしか聞こえなくなってしまいました。

息子に「きゃほー?」と聞くと「きゃほー」と答えます。
もう、家の中では「きゃほー」が豆腐を指す言葉として定着しました。
もう、「きゃほー」なしの生活は成り立たなくなりました。

毎日、「きゃほー」を買いに行って、「きゃほー」のお味噌汁を作ります。
どんどん、豆腐以外のお味噌汁を作る機会を逃してしまいました。
1年ほど、豆腐のお味噌汁の日々は続きました。

だんだん、少しずついろいろなものを食べられるようになって、ようやく他のお味噌汁も食べられるようになりました。
お肉が食べられるようになったのは4歳でした。

初めて食べるものは大泣きして嫌がるので、つい食べられるものばかりを食卓に並べてしまいます。2回目なら食べられることも多いので、もう少し家でいろんなものを食べさせたほうが良かったと思います。

給食や外食で初めてのものが出てくると、大泣きしてしまうことが多かったからです。
10歳を過ぎて、ようやくほとんどの野菜を食べられるようになりました。あまり好きではないようですが。

まだまだ好き嫌いも多いので、給食は食べるものがなくて、困ることもあるようです。
炊き込みごはんやカレーなど、野菜のおいしさがわかる料理をいろいろ作って、食べさせて
食べられることに自信を持たせた方が良かったと思います。
息子はもう中学生になりましたが、今でも豆腐のお味噌汁は大好物です。

関連記事

この記事へのコメントはありません。