【卒園式】通っていた保育園へのさよなら

ママ友・子育て・育児・教育・学校

418689
夫婦共働きで、長男は1歳から保育園に入園していました。当日勤めていた会社を退職し、長男が年少にあがる前に引越しをして保育園も変わりました。引越し先の保育園は妻の実家の近くで私たちはその近くのアパートを借りて暮らすようになりました。

長男もまだ年少にあがる前でしたので、最初の保育園のことは初めは疑問を口にしていましたが、新しい保育園ですぐに友達ができると最初の保育園のことは話さなくなりました。親としては苦渋の判断でしたが、まだ小さいうちなら大丈夫だろうと思っていました。

新しい会社に勤めるようになりましたが、朝は時間に余裕ができたので妻の代わりに長男を保育園に送っていき、行けない日が義母が送っていったりと毎日が過ぎていきました。新しい友達ができると自宅で長男からそれを聞かされ、小さい時から保育園に通わせていたのにゆっくり話をできていなかったんだなと仕事優先をしていた頃を反省しました。

そして子供を保育園に送っていくと、普段よく遊んでいる友達を教えてくれたり、先生から子供の一日の様子を聞かされたり、たまに泣いてしまった原因などを聞いたりするとほほえましく、前に行っていた保育園には数度くらいしか行ったことがなかったので、どれだけ妻に負担を与えていたのかそこでも反省でした。

自分の保育園時代はあまり覚えていません、その当時は鮮明に覚えていたのかもしれませんが。
小さい頃から保育園に通っていたので、行くことに泣いたりせず、泣いている子供のお母さんからはしっかりしてますねなどと言われたこともあり、うれしく思ったこともありました。

長男が年長になる頃、私の仕事もようやく慣れてきて私の実家の敷地内に家を建てて引越してこないかと言われました。貯蓄もあって家をいつかはと思っていましたが、両親の高齢もあって妻と相談してそうすることにしました。

アパートの近くにいた妻の両親にも相談し、とても残念そうにされていましたし、何よりも長男もたくさんの友達と同じ小学校に行けると思っていたはずなのに、それを伝えるのがつらくてしょうがありませんでした。

私の実家は車で約1時間の同じ県内なので、車さえあれば行き来は容易ですが、子供からしてみると遠い土地です。

子供を送り、仕事をして、家の打ち合わせをしてと、忙しい毎日であっという間に卒園式がきてしまったように感じます。

卒園式には夫婦そろって出席しました。子供には引越しのことやお友達とのお別れのことは話していましたが、正直どう思っているのか分かりませんでした。いつも分かったとの言葉一つで、親として心が読めませんでした。

時間の経過とともに卒園式も終わり、迎えに来てくれた妻の両親を写真を撮ろうと園庭にでました。多くの家族が写真や話などをしており、妻も抜けてその仲間に加わったり、子供もあちらこちらで写真を友達や先生と撮影したりしていました。

だんだんと帰る人が増えたころ、長男が教室で写真を撮りたいといいました。私と長男で教室にはいり、机に座った写真や、黒板の前に立った写真、今まで使っていたのでしょう名前の書いてあるロッカーなど。

今日はとことん付き合おうと外から妻が呼びにきても、長男がいいというまで何枚も写真をとりました。

長男が、行こうかと行った時、私は「引越してごめんね」と言いました。長男は、「また来てもいい?」と。私は「来たくなったらいつでもこよう」と言いました。

園庭には数組の家族がおり、私たちは園長先生や担任の先生方を独占して写真を撮ることができ、子供も笑顔を写ってくれました。
涙を一切見せずに、友達をお別れをし、家に帰りました。

あれから長男は4年生になり引っ越してから1度だけ保育園を見に行きましたが、その後は何も言わなくなりました。今では私の地元の近所の子供たちと元気にサッカーをして過ごしています。

625942

関連記事

この記事へのコメントはありません。