【幼稚園】ここに選んでよかった、涙の卒園式

ママ友・子育て・育児・教育・学校

448738
娘は三年間幼稚園に通っていました。うちの幼稚園は送迎バスがないため、毎日親が送り迎えをします。雨の日は、正直しんどいなと思いながら通った日もありました。そんな、親子で三年間通った思い出深い幼稚園生活でした。

卒園式当日は、もう泣くと言うより嗚咽が出そうなくらいの感動でした。何よりも、三年間お世話になった先生方の涙を見ると本当にいい先生達に巡り会えて、お世話になれて娘も幸せだったんだなと感じることができました。

子どもたちから、親への感謝の気持ちを言うときには、周りの親御さんの泣き声で聞こえないくらいでした。それくらい、子供に愛情をもって育てている、素敵なお母さんが多かったってことですね。

三年間、暑い日も寒い日も雨の日も毎日送り迎えしたこの道も、もう娘と通ることはなくなるんだな、とか色々な事が頭をよぎりました。幼稚園に送った後は、ママたちとおしゃべりして、迎えに行った後はみんなで公園に行って遊んだりと楽しいことがいっぱい詰まった三年間でした。

毎朝めんどうに感じていたお弁当づくりも、もうないんだなと。卒園して、立派な小学生になることはもちろん嬉しく思うし、楽しみですがやはり寂しさの方が大きかったです。

卒園式の後半は、娘も泣きながら一生懸命大きな声で歌っていました。そんな姿を見て、親は娘の倍、涙を流してしまいました。特に、うちの娘は同じ幼稚園から小学校へ上がるお友達が一人も居なかったので、きっとお別れも誰よりも寂しかったんじゃないかなと胸が痛みました。
636243
本人の中で、お別れする寂しさと、誰も知り合いの居ない新しい環境へ行く不安もあったのだと思います。最後は、誰よりも号泣していました。先生方や他の親御さんも、その姿を見て一緒に涙を流してくれました。

そして、私にまでみんな声をかけてくれました。本当に素敵な幼稚園を選んだなと思いました。きっと、もしかしたらどの幼稚園を選んでも、そう感じたのかもしれませんが、卒園式の日に本当にこの幼稚園を選んで良かったと強くそう感じました。

幼稚園は、子供が初めて集団行動する場でもあります。子供は、この三年間で一番成長します。きっと、幼稚園で学んだ三年間があるから、この子は小学校へ行っても大丈夫だなと強く思うことができました。今でも、思い出すと涙を浮かべてしまうほど、本当に素敵で感動的な卒園式でした。私の中でも、この先一生忘れることのない娘の卒園式でした。

関連記事

この記事へのコメントはありません。