【節約】寒さと電気代の戦い、洗濯機は夜回したほうが得なんですよ

上手な節約(家計)

湯たんぽとネコ

38歳、3人の子供がいる主婦です。
雪国住まいでオール電化の我が家の冬場の電気代は、目の玉が飛び出るほど上がります。
そのまま払っていたら電気代だけでカツカツになってしまうので、節約できるところは節約しています。

方法としては、全室にパネルヒーターをつけていますが、リビング以外は出力最小にし、寝る時には湯たんぽを布団に入れて寝ます。パネルヒーターで暖めると部屋がとても乾燥するので、この方法にしてから喉が渇いて目覚めることもなく、もちろん節約にもなり、一石二鳥です。

湯たんぽは寝る時以外にも大活躍で、リビングのソファーに毛布にくるんでおいておくと、ちょっと肌寒い時や足先が冷えた時、暖房のメモリを上げずに気持ちよく暖まることができます。
(気持ちよすぎて、たまに居眠りしてしまいますが…)

湯たんぽのお湯は、翌朝の顔洗いに使えます。下着をヒートテックなどの保温してくれるものに替えたのも効果的でした。一度保温下着を着ると、なかなかそれ以外を着れなくなるのが難といえば難ですが…。

あとは、食洗機や洗濯機、炊飯器を23時以降7時までの間に回すよう設定します。この時間帯の電気代が安くなる契約なので、これもかなりの節約になります。夜に洗濯して寝る前に寝室に干すと、加湿器のかわりにもなります。もちろん、電気代を食う乾燥機能は使いません。
587474
トイレは暖房付き便座ですが、暖房のメモリを最小にして、つねに蓋をしめるように心がけています。お風呂は保温蓋にして、あまり時間をおかず全員入り、追い炊きをしないようにしています。入浴剤には岩塩を使い、お風呂を上がってからも身体の温かさが続くようにしています。

よく使う照明はLEDに替えました。調理は、保温調理器を使った保温調理をよくします。カレーやシチュー、角煮などの煮込み料理を、仕込みまで終えてこの調理器にセットしておけばあとは出かけたり趣味のことに時間を費やしたりと自由なので、電気代の節約だけでなく、時間の節約にもなります。電子レンジ調理もよく利用します。

根菜などが短時間で柔らかくなるので助かっています。
あと、これはダイエットも兼ねてですが、生姜をたっぷり入れた紅茶を飲んでいます。体の中から温めることで、寒さを感じづらくなりました。

ガス代はかからないので、あと節約となると水道水ですが、こちらは風呂の湯を洗濯に使うくらいですが、お風呂は夜入るため、夜に洗濯機を回す我が家では温かい残り湯で洗濯でき、汚れがよく落ちているようです。

心がけてていることといったらこのくらいですが、もっと光熱費をおさえたいので、他に良い方法がないか検索中です。

関連記事

この記事へのコメントはありません。