【節約】ガス代の節約は食べ物の知識が鍵なんです

上手な節約(家計)

659561
5人家族の家計を預かる3世代同居の32歳の主婦です。出来るだけ何もかもを安く済ませられるようにしようと思いながら、生活しています。

まず、ガス代を節約する為にしているのは、蓋をした熱気で料理を蒸らす事です。例えば、クリーミーパスタとゆで卵サラダを作る時は、ゆで卵を作っている鍋にパスタを入れて料理を完成させます。

パスタやぶなしめじは湯で時間の短い4分の物を選んだり、卵も小さめのMサイズを2個にして火にかかる負担を減らします。

湯で上がったら、スライスして臭いを取った玉葱200gや1口サイズに小さく切った豚ロース8枚、ぶなじめじ200g、1/3に切った蒸したサラダ豆85g、たっぷり和風きのこソース1袋、レモン汁20ml、チャーハンの素1g、ノンオイルのごまドレッシング大さじ3と一緒にかき混ぜ、包丁で0.1mmに切ったクリームシチューの素1/8を40秒間溶かします。

また、サラダは大根を千切りにしてしらすを乗せ、梅ドレッシングをかけた上に5等分したゆで卵を置きます。間にトマトを飾り付け、卵の脂質を感じさせないような味にしています。

次に、完熟卵の卵白の凝固は100度5分、卵黄の凝固は100度12~13分です。その為、沸騰したら弱火にし、7分を過ぎるまでは加熱します。その為、パスタを入れるタイミングは3分経過時です。手早くパスタを半分に割り、パスタ同士で絡まらないように混ぜれば水道代も少し浮きます。上手くパスタを作るには、5人で250gの分量を4回に分けて熱湯に入れなければなりません。

そして、ゆで卵だけを調理する場合は、70~75度で15分湯に浸けていればいいので、沸騰した鍋の蓋を閉め、布巾で覆っておくと2分のガス代で作れます。その時にお湯を多めに入れて沸騰させた方が上手に仕上げやすいです。

しかし、鍋が大きい程、火力が必要になるので卵焼きや半熟卵で食べた方が経済的です。ちなみに卵焼きは高温でフライパンに油を多めに塗って高速でかき混ぜればいいので1分で作れます。巻いてしまえば、後は余熱で固まらせるだけです。

最後に、地域によって誤差はありますが、ガス代金は1時間使用しても強火で37円、弱火で5円前後なので毎食自炊してもあまり家計への影響が無いようにも感じます。

ガス代金を節約してストレスを感じるようになったら、給湯器の電源を使わない時に抜いて使用したり、エアコンを付けずに1年を過ごしてみると体も強くなり、12万円~36万円が節約できます。1人暮らしか家族と一緒の場合、部屋の広さや省エネ対応の機械かによって捻出される料金は異なりますが、エアコンの無い生活の方が素早く動くしかなくなるので痩せやすいです。

夏は打ち水や海、冬はランニングや毛布で猛暑や耐寒を凌いでいると免疫が向上されて風邪を引きにくい体質になりました。

また、最近、水道代金も節約する事にしました。桶に浸け置きしてから洗うようにすると、いつもの3~5倍請求額が安くなっていて驚きました。

しかし、一軒家に住んでいると、水道管が破裂した時に4万5千円もお金が要った事もあります。マンションで暮らしている方が節約になるのではないかと思いました。

 

関連記事

この記事へのコメントはありません。