【趣味】がきっかけで結婚、将来の夢も趣味に通じています

趣味・ライフスタイル

fe33702e78ad1dc798f2107d65dd4e57_s
私たち夫婦の趣味はオートバイです。私たちの出会いは、2012年私が22歳、主人が26歳の時でした。お互い、それぞれオートバイに乗っており地域のライダーが集まるツーリングスポットでよく顔を合わせるようになりました。

オートバイと一言で言っても、スーパースポーツやネイキッド、オフロード、アメリカンなどタイプは様々。 さらに、トコトコとゆっくり景色を楽しむライダーから、峠を攻めて走ったりサーキットを走ったりするライダーまで楽しみ方も人それぞれのオートバイ。

私たちは同じようなジャンルのオートバイに乗っており、その楽しみ方も似ているいうことが分かり意気投合しまして同じツーリングチームに所属し、一緒にツーリングを楽しむようになりました。

主人も私もオートバイのテクニックを磨くことに関してとても向上心があり、同じような思いを持つ同世代のライダー達と切磋琢磨し合い、時にはツーリングでラフに楽しんだり、またある時には峠やサーキットで真剣に走ったりとするようになりました。

現在は結婚し、子供も2人居ますが私は看護師の仕事に励む傍らで、休みの日には1人でオートバイに乗って出掛けています。

主人は建築業で休日は日曜日のみのため、不定休の私とたまに休みが合えば両親に子供を託しツーリングに出掛けたりしています。

また主人はオートバイのカスタムも趣味に持っており、主人の作業する姿を子供と一緒に眺めたり、簡単な作業を教えてもらったりとオートバイに関しての知識も拡げています。

今はまだ子供が小さいのでオートバイの後ろに乗せて2人乗りなどはできていませんが、もう少し先で子供たちがオートバイに興味を持ってくれれば、後ろに乗せてツーリングに行きたいと考えています。

そして、子供たちがもっと成長し、もしもオートバイの免許を取ってくれるならば家族4人でオートバイで旅行に出かけるのが夢です。

子供ができてからはオートバイに乗れる時間は減りましたが、趣味として今後も楽しみたいと考えているし、ずっと先にはなるけれど、定年退職したら夫婦でゆっくりオートバイライフを楽しみたいと考えています。

同じ趣味の相手とはたとえ初対面でもなんだか親近感を持ちますが、オートバイは特にその力が強いような気がします。

ヘルメットをかぶった顔も見えない初めての相手でもオートバイ同士ですれ違えば手を振ったり、サインを出し合ったりするのです。

私たち夫婦の場合はオートバイという趣味ですが、どんな趣味であれ趣味は人と人とを繋ぎ合わせる力を持っていると思います。

関連記事

この記事へのコメントはありません。