【40代】になって美容のことで悩んでいます、老けないためにはどうしたらいいの?

美容・ダイエット

聞いてほしいことがあるんです、私は40代で2児のママです。40代になってから最近疲れやすいんです。それが顔に出るのか子どもたちに「最近ママおばさんぽい」と言われて落ち込んでいます。

私は子どもが保育園の時に主人と離婚してシングルマザーでかけもちで仕事をしていて休む暇も寝る暇もほとんどないんです。

娘たちからもきれいなママがうらやましいと言われてしまい、少し女としてがんばらなきゃと思っています。でもお金をかける余裕はないんです。どうしたらおばさんぽくならないのかしら?教えて下さい。

目次
・最近の40代の女性は見た目が若い
・40代女性は肌が命ポイントはファンデーションの選び方
・チークも40代に合う色がある
・まとめ

 

最近の40代の女性は見た目が若い


最近の若い子はなんて言ってしまうとおばさんなのですが10代の子も20代の女の子もとても美意識が高くてダイエットだったり普段から甘いものを食べないように、太らないように気を付けている子が多いのよね。

30代、40代の女性も見た目にとっても気を使っている女性が多くてみなさんとてもお若いのよね。女性にとって老ける、見た目がおばさんになってしまうのは嫌なものだと思うわ、でもどうしたらおばさんぽいかなんてわからないわ。

おばさんぽく見られてしまうのは体型はとても大きいわ、女性は40代になると基礎代謝が落ちてきて若いころと同じ食事を摂っていると太ってしまうの。

それに体重は若いころと変わらないのにと言う人もいると思うわ。見た目がふけるということがあるわ。例えば若いころは胸もあって腰はくびれていたのに年齢を重ねると胸はなくなって腰回りにお肉が着いてしまうの。

625152e2eab2ead70f42cd0b592a2fa6_s

 

そして自分では見えないけれど背中にお肉が着くということがあるわ。なぜかというと年齢を重ねていくと背中の筋肉は意識をしなければ使うことが少ないために衰えてしまうの。

そうすると背中は丸まってしまって猫背になってしまうわ、人間は筋肉がなくなると自分で動かしやすい、動きやすい動きしかしなくなってしまうわ、そうするとさらに筋肉はいおちてしまうの。

背中が丸まった状態で過ごしているとそこに脂肪が集まってきてしまうの。この姿勢の悪さは見た目もおばさんぽく見えてしまうの。

年齢を重ねるとなにもしなければ、全身の筋肉が少しずつ減っていってしまうわ、足も上がらなくなってきてしまって、転びやすくなったり歩いている後姿がおばさんぽく見えてしまうの。

白髪や髪の毛が傷んでいてもおばさんぽく見えるわ、髪の毛がぱさぱさだったり、コシもなくなってくるために、髪の毛がぺったんこになってしまったりするわ。若いころと違って髪の毛にもケアが必要よ、髪の毛の美容液も髪の毛のぱさぱさがとれるの。

美容液じゃなくても椿オイルを洗面器に入れたお湯に数滴たらして髪の毛につけてなじませると髪の毛がとてもしっとりするわ。

ab2260d0e6c0b9c43f6377eaf53235ed_s

・40代女性は肌が命ポイントはファンデーションの選び方

おばさんぽさは顔にもでるわ、40代の顔の悩みとしてはたるみやほうれい線などのしわ、くすみや毛穴が目立ってしまうことがおばさんぽさにつながるの。

年齢相応のファッション、メイクがあるわ、40代女性が10代の子のメイクを真似をしても痛い女性になってしまうの。若い子には肌の弾力が違うわ、しわやたるみも若いころはほとんどないわ。

“>40代の女性はしわやたるみを隠そうとしっかりとファンデーションを塗ってしまうために厚化粧になってしまうことが多いの。

そしてファンデーションの色の選び方も大事なの。ファンデーションにはベージュやオークルってカラー表示は良く見ると思うけれど良くわからないわよね。

化粧品会社によって表記も違うんだけれどファンデーションは色の種類が2つに分かれるの、1つは黄色みがかっているのがベージュ系のファンデーションね、ベージュ系のファンデーションは肌が白い人に合う色なの。

もう一つはオークルと呼ばれる少しピンクが入ったような色のファンデーションね、オークルのファンデーションは肌の色が少し黄色がかった色黒の人に合う色なの。

肌の色とファンデーションの色が合わないとファンデーションが浮き出て見えたり、肌をより黒く見せてしまうの。

それにファンデーションを選ぶときによく手の甲につけて選ぶ人がいるけれどそれは正しいと言えないわ、なぜならファンデーションは顔に塗るものだし、手の甲を良く見てほしいのだけれど顔と比べてみても肌の色は違うわよね。

4acf1b929678f5416d8774051fc3a93b_s

ファンデーションを選ぶときには顔から首筋にかけて直接塗ってみることが大事なの。実際に顔に塗ってみて肌に合っているかどうか見ること大事よ。

お化粧をするときもそうだけど買う時も塗ってから半日は時間を置くほうがいいわ、ファンデーションは慌てて買うと失敗してしまいがちなの。

時間を置いてからじゃないと肌にどうなじむかわからないわ、つけた時にはなじんだように見えていても時間がたつと肌が黒く見えたり、くすんで見えたりしてしまうの。

ファンデーションといっても種類はいっぱいあるの、ファンデーションと言えばパウダーのコンパクトに入ったものがファンデーションというと想像する人は多いと思うわ、でもパウダーだと乾燥している人だと粉が白く浮いてしまう場合があるの。

乾燥肌の人はリキッドやクリームのものが使いやすいと思うわ、肌になじみやすいし、なによりリキッドやクリームのファンデーションは色を混ぜて使えるからこそ自分に合った色を作ることができるの。市販のものがどうしても合わないときは色の明るさを一個あげたり、下げたりしたものを混ぜて使うと自分の肌に合った色になるわ。

 

・チークも40代に合う色がある

チークは薄めに、頬で笑った位置につけるのがおススメよ、おススメは頬より若干高い位置でつけるほうが大人っぽくみえるわ、逆に頬よりちょっと下にチークを着けると幼く見えるわ。

色も大事よ、カラーを強く入れすぎると厚化粧に見えるし、老けて見えることもあるわ。ピンクやローズは若作りしているように見えてしまったり、老けて見えたりするの。日本人の肌の色と40代の年齢とでチークは合う色がオレンジがいいと思うの。

オレンジって使いにくそうと思うかもしれないけれど黄色人種の肌にとっても良く合うの。それにオレンジは生き生きとした印象を与えてくれるから40代にはぴったりなの。

自然に発色してくれるように薄めにつけるのがこつよ。ナチュラルに見えるけれど隠すところは隠すことが大事なポイントよ。
f5b2142927773910344fef70435008f6_s

まとめ

40代は女性は成熟した大人よね、老化は防ぐことはできないけれど日々のストレッチやケアやそしていつも笑顔でいることも大事よ、生活を楽しく明るく過ごすこと表情が明るくなるわ。

お子さんたちと買い物に行ったりして若い子と過ごすことも若返るにはいいことだと思うわ、若い子と過ごすと気持ちが若返って自然と若返るの。

恋をしたり、きゅんとしたりテレビドラマで恋愛ものを見てもいいし、恋愛をすると女性は若返るの。幸せホルモンっていうのが分泌されてそれが若返りにつながるの。

エステや高い基礎化粧品はたしかにきれいになれるかもしれないけれど日々の生活を変えていくだけでも若返ることができるわ。

今日のおきくはこれでおしまいよ。また次回ね
8c88bad4c27e0c2f7929db6c49c3958f_s

関連記事

この記事へのコメントはありません。